Atmosphere interviewed Yoshimitsu Umekawa who is a Japanese photographer
and has released his 1st collection of photographs ‘LEAVE ME ALONE’.
アトモスフィアでは今回、日本人写真家であり、自身にとって初となる
写真作品集’LEAVE ME ALONE‘を発表した梅川良満さんにインタヴューを行いました。


photo by MARUI ‘motty’ MOTOKO

1 – 梅川良満とは?自己紹介をお願い致します。
1976年、東京生まれ。
フォトグラファーとして国内外の雑誌や広告、音楽、ファッションなどの分野の
クライアントワークを行いながら、自身の制作活動も行っています。
それから、最近は映像監督も行っています。
1 – Please introduce yourself.
Born in 1976 in Tokyo.
I do client work for magazines, advertisement, music and fashion photography
as well as work on personal works. Recently I am directing videography too.

2 – いつから写真撮影を始めましたか?また、そのキッカケは?
フリーランスになったのは、もう、13年前だね。
でも、写真自体を始めたのはもっと前だね。

フォトグラファーになった1番大きなキッカケは
IRINA IONESCOっていうフォトグラファーとの出会いかな。

97年くらいに神田の須田町にあったギャラリーに出入りするようになってさ。
そこで出会った人にIRINAを紹介してもらって
東京でやってたIRINAのワークショップを手伝ったりして。
そのとき、19くらいだったかな。
で、そのあとフランスに二ヶ月くらいとかそんなもんだけど行って。
IRINAがいたからさ。
そしたら、まだJeanloup Sieffが生きてるときで
写真みてもらったりして、褒めてもらえてさ。
実はその時は俺、モノクロしか撮ってなかったんだけどね。

で、日本帰ってきて、会社勤めもしたんだけど、速攻でやめちゃって。
そっからフリーだね。

16から18歳くらいまでの間はさ、DJになりたかったり、デザイナーに
なりたかったりしたんだけどね、色々やってきてさ
結局残ったのが写真だったんだよね。
「写真が1番好きで!」っていうよりか、写真が一番自分に合ってたんだろうね。
2 – When did you start photography? What made you start?
I started freelancing 13 years ago. But I started photography earlier.

The biggest reason I started doing photos was because of a photographer named IRINA IONESCO.

I started going to a small gallery in Sudacho in Kanda Tokyo, and was introduced to her by someone at the gallery.
I was helping IRINA’s workshops in Tokyo. I was like 19 then.

I was in France for like 2 months because IRINA was there. At the time, Jeanloup Sieff was still alive. He looked at my photos and gave me compliments. I was doing only black and white photos back then, but.

I came back to Japan, joined a company for a while and quite like right away, and I’ve been working as a freelancer since.

When I was between16-18 I wanted to become a DJ or a designer, but after doing all kinds of things, what remained was photography. It was more like photography suited me most over other things, rather than like, “I love photography!”.


LEAVE ME ALONE – OOPARTS ©Yoshimitsu Umekawa

3 – 発表したばかりの、初の作品集 ‘LEAVE ME ALONE’ について
説明して頂けるでしょうか?

まず、本ではなくステッカーとポスターというかたちで発表したんだけど
それには色々な理由があって。
もともと、デザイナーからの提案だったんだけど、作品展数も9点しかないし
写真自体はなるべく大きく見せたかったから。
それに、ポスターなら買ってすぐに飾ることができるし、ステッカーは糊がついてるだけでみんな欲しがるものっていう不思議なとこがいいなと思って。
あと、ポスターは昔から前衛芸術家に好まれる媒体っていうところと、ステッカーは現在のHIP HOP史からみても非常に重要な媒体で、もはやアイコンとして欠かせない物として興味がありました。

内容に関しては、すごく、人間の内的な問題なんだけど。
ざっくり言うと陶酔、酩酊の中から見いだす、3大宗教。
古代の呪術や宗教から現代HIPHOP史やクラブカルチャーなどいわゆる
ユースカルチャーにまで脈々と繋がる自己の内的な陶酔/酩酊状態から導きだされる象徴としての9つのアイコンとしての写真。
そこに13年かけて撮影した私的なドキュメンタリズムをMEGA MIXしました。
3 – Can you tell us about your 1st collection of photographs, ‘LEAVE ME ALONE’?
First of all, I decided to put my work on posters and stickers instead of a book, for a number of reasons.The ideas came from the designer -I only had a total of 9 pieces and I wanted to show my works on a large canvas.Plus, you can put up a poster up right away and stickers are cool cuz people want it just because there’s glue on it.
Also, I like the fact that posters have always been favoured by avant-guard artist and stickers are a very important medium if you look at the history of HIP HOP -it has become a solid icon for its culture.

In terms of the contents, it deals with the internal issues of human beings. Basically it is an exploration of the 3 major religions brought forth by euphoria and intoxication. There are 9 iconic photographs that serves as symbols of the euphoria and intoxication of the inner self, that transcends continuously from ancient shamanism and religion to today’s youth culture like hip hop and club culture.

It’s a MEGA MIX with 13 years of my personal “documentarism”


LEAVE ME ALONE – eXistenZ ©Yoshimitsu Umekawa

4 – 写真撮影や、いわゆる「アート」や「デザイン」以外に関心や興味を抱いていることはありますか?
生物だね。それと遺伝子工学とか生物学とかの化け学。
4 – Is there anything else you are interested in, other than photography, art and design stuffs?
Organisms. Plus chemistry like biology and genetic engineering.


LEAVE ME ALONE – Cold Mosque ©Yoshimitsu Umekawa

5 – 子供の頃に興味があったことはなんですか?
子供の頃は昆虫とか妖怪とか、そういうのが好きだったね。
子供のとき好きだったことをやってる感じがする、最近。
でも、それが真実だから。
子供の時に好きだったものをやるのが正解だと思う、表現に於いては。
小学校の帰りにアリジゴクとか捕まえるのすごい好きでさ、まず名前が好きで笑
あと、ヤスデの節々とか、写真に撮ったら超楽しいと思うよ。
飼いたくないけど笑

で、なんで小さい男の子って、昆虫とか小さい生物とかに惹かれるかっていうと
少年期に一番最初に出会うエロスなんだよね。
ああいう、間接の節々とかさエロいじゃん。かたちが。
男の子が昆虫を追うのは、エロスなんだと思う。
フォルムとか、曲線が女性に近かったりすんだよ。

若いときに好きだったものとかは重要なんだよ。
だんだん大人になっていくと忘れていくからさ。
周りをみててそうだもん、同じ歳くらいのやつとかさ
バランスをとりたがるんだと思う。
すごく、その社会とか、経済とかの面とね。
でも、そうなってくると、クリエイティヴの能力は落ちてくる側面があると思う。
5 – What were you interested in when you were a child?
I used to be into stuff like monsters and insects.
I think I’m doing stuff now that I used to like as a kid. Because there is truth in that.
I think people should do the things they liked as a child when it comes to expression.

I used to really like catching ant hills (“ant hell” in Japanese). I loved the name, haha, and like millipede joints. I think they would be so fun to photograph. I don’t want them as pets though, Lol.

The reason why young boys like insects and small creatures is because it’s the first experience of eros you encounter in your adolescence. Their joints look erotic, don’t they? I think that’s why boys get obsessed about insects. Their forms and lines are very feminine.

I think things we liked when we were young is very important. Cuz you forget them as you grow up.
I feel that when I look around at people my age, they want balance with the society or the economy they are in. But I think that brings down creative abilities.

6 – 音楽が好きになったのはいつ頃ですか?
14とか15歳とか、それくらいかな?
HIP HOPで、ちょうどpublic enemyとかさNWAとか。
でも、最初に好きだなーと思ったのは、お袋が持ってたショーケンだね。
当時の時の人だよね。めちゃくちゃ怖いけど、スターだし、ファッションリーダー。
で、誰も敵わない存在。ショーケンは撮影もさせてもらったよ!

あ、でも今はHIP HOPと言えばNIPPSだね、俺は。
2001年に撮影で一緒にNY行ってからで、もう11年くらいの付き合いだし。
NIPPSからの影響は強いよ。
6 – When did you start to like music?
14 or 15? HIP HOP like, Public Enemy and NWA.
But the first music I really liked was Sho-Ken, which my Mom had.
He was the man of his time. He was scary as hell but he was a star and a fashion icon. And he had no competition.
I once did a shoot with him!

For me right now, HIP HOP equals NIPPS.
I’ve known him for about 11 years since we went to NY for his shoot. His influence is very big.


LEAVE ME ALONE – DAEMON HOWLING ©Yoshimitsu Umekawa

7 – こどものころ、絵を描くのは好きでしたか?
もちろん好きだったよ。
うちの親父はもともと、絵描きになろうとしてたし
叔父貴は音楽の編集の会社やってたし
音楽と絵っていうのは、もともと周りにあったんだろうね、意識はしてなかったけど
気づいたらそうだったね。
7 – Did you like to draw when you were a child?
Of course I did.
My Dad originally wanted to be an artist and my uncle had a music editing company so art and music was always around me I guess, even though I wasn’t conscious of it.


LEAVE ME ALONE – GNOME ©Yoshimitsu Umekawa

8 – 今までの人生で一番「ヒヤッ」とした瞬間を教えてください。
しっぱなしだね、いっつもだよ、ヒヤっとしたことなんて思い出したくないよ笑
でも、まあ今となっては大したことじゃないし、どうでもいいことだよ。
戦場カメラマンと比べたら、東京で活動しててヒヤっとすることなんかないよ。
8 – What made you freak out the most in your life?
I’m always freaking out. I don’t want to think about it, haha.
You know though, looking back nothing’s a big deal.
Compared to being a war photographer, there’s nothing scary working in Tokyo.

9 – この1週間で一番笑った瞬間は?
あんま笑ってないなあ、、って言っていま笑ってるね、ハハハ。
なんだろうね、なんかおかしいことあった気がしたんだけどね。
9 – What was the funniest thing this week?
I haven’t been laughing much,,,oh I guess I’m laughing right now, haha.
Hmmm…I wonder. I thought there was something funny..

10 – 今後の活動について教えてください。
まだ、詳しく言えないのですが年内に2冊出すつもりで進めています。
次回は、いわゆる写真集の形態をとります。
10 – Please tell us about your future plans.
I can’t say too much but I’m working on two books right now to be published this year.
The next one will be a more standard photo collection book.


photo by MARUI ‘motty’ MOTOKO

—————————————————————–

梅川良満ウェブサイト
http://www.umekawayoshimitsu.com/
http://www.facebook.com/YoshimitsuUmekawa

下記リンク先より梅川良満、初作品集’LEAVE ME ALONE’の購入が可能です。
HELLO!!GASSHOP