今回Atmosphereでは、伊勢丹新宿店で開催中のチャリティーキャンペーンに参加している
13人のアーティストをご紹介します。
このキャンペーンでは、「生物多様性がもたらす多くの恵みを守る」というメッセージを、
19種類の動物の造形を通して、13名のアーティストが思い思いに表現した作品を、
9月21日まで伊勢丹新宿店本館のウィンドウ及び館内で展示されています。
尚、展示されている作品は抽選で販売されます。
くわしくはこちらhttp://kiss-the-earth.jp/13artists/
Today, Atmosphere would like to introduce the 13 participating-artists on the charity campaign for life’s diversity at ISETAN department store, Tokyo. These artists are delivering message through their animal sculptural piece which will be presented in the window of ISETAN department store till 21st of Sep 2010. Number of animal sculpture will be 19 kinds.

編み師203gow
203gow-1_200.jpg

Born in Hokkaido in 1975. 203gow has been creating slightly weird knitting work. she creates things which she imagine by only using a crochet hook to create her art piece. She has been searchinng her own knitting style through this way.
1975年北海道生まれ、風変わりな編み物作品 「へんなあみもの」を作り続けている。
かぎ針1本でイメージしたモノを即興で 編み、独自の一筆編みを実戦中。
http://dailyvitamin.jp/tag/203gow/
・デイリービタミンズWEB
http://dailyvitamin.jp/tag/203gow/

203gow_works.jpg

ayumi iguchi
ayumi-iguchi-portrait_200.jpg

2009.july -graduated as first class from BA(Hons) Textiles,Fashion and Fibre at Winchester School of Art, UK, working as a freelance textile designer in Tokyo at the moment.’I am working with printed textiles, knitting, fashion…and everything I find on my hand. I havebeen collecting fabrics most of my life—since my grandma taught me how to knit, I wasfascinated by the time-consuming process of making textiles. I employ the combination of organic and man-made elements to make original fabrics. It has always been my inspiration since I grew up in Tokyo that has both urban landscapes and Japanese traditional atmosphere based on nature. I am also interested in how low-tech and high-tech materials/methods communicate through my works as well as how traditional textiles integrate with new idea of creation. It is important for me to use marriage of these conflict elements (just in opposite directions), because I believe that this kind of contradiction gives much more ‘reality’ into the works.
2009年にイギリス・ウィンチェスター美術大学プリントテキスタイル学科を首席にて卒業。
帰国後、フリーランスにて活動中。プリントやニット、刺繍など、様々な制作方法を取り入れ
ファッションデザインからグラフィックデザイン、クラフトワークも手がける。
制作メディアやコンセプトは後からついてくるものであるという考えをベースに、
新旧問わない技法のコンビネーションによって、ひとつひとつ作品を形にしていきたいと願い制作を続ける。
http://aymgch.tumblr.com/

aym_works.jpg

磯崎道佳
isozaki_p_200.jpg

1968 Born Mito-city, Japan
2001-2002 P.S.1/MoMA International Studio Program on a fellowship grant from the Asian Cultural Council
lives and works in Hokkaido.
Major exhibitions and projects
2009 “ the other side of Sakura” at Sakura City Museum of Art , Chiba and Shihoro, Hokkaido
2008 “ BankART Life 2 – Landmark Project “ at BankART 1929, Yokohama
2007 “ All about Laughter: humor in contemporary art “ at Mori Art Museum, Tokyo
“ Sleeping Forest project “ at Museum of Contemporary Art, Tokyo
“ Zokin Zo project “ at ZOORASIA Yokohama Zoological Gardens, Yokohama

1968年水戸市生まれ、北海道在住。
2001年にAsian Cultural Council グラントによりP.S.1/MoMA インターナショナルスタジオプログラムに参加。
主な活動に2009年 むこうのさくら/佐倉市立美術館(千葉県)、北海道士幌町、
2008年 BankART Life 2 – 心ある機械たち/BankART1929(横浜)、
2007年 笑い展:現代アートにみる「おかしみ」の事情/森美術館(東京)、
眠りの森プロジェクト/東京都現代美術館(東京)、
「ぞうきんおかぴプロジェクト」/よこはま動物園ズーラシア(横浜)などがある。
http://www.isozakimichiyoshi.com/

isozaki_works.jpg

加賀谷 潤
kagaya_jun_p_200.jpg
1967年横浜市生まれ、文化学院美術科卒業。
幼少の頃から絵画を中心に制作を続け、個展などを行なう。
2001年に滋賀に移住した頃から針仕事に目覚め、ぬいぐるみやバッグ、人形を、絵画と連行して制作。
滋賀をはじめ東京、長野、逗子、岐阜、京都など各地で精力的に展示を行なっている。

kagaya_works.jpg

Shinobu
shinobu_potrait_200.jpg

Born in Saitama, Japan.
Lived in France between 1998 and 2005 She happned to receive a huge pile of fabric sample while she was in France, and has started making toy animals since 2004.
She creates toys using vintage fabric and clothes which she always interested in as materials, seeking to create one of a kind, something that makes you happy and kept for long time.
December 2006 hold a solo exhibition in Izu Teddy Bear Museum

埼玉県出身。1998年渡仏。2006年12月に伊豆テディベアミュージアムで個展を開催。
在仏中、捨てられるはずだった大量の生地サンプルとの出会いをきっかけに、2004年からぬいぐるみを作り始める。
日頃から興味のあったビンテージ生地や古着を使用するなど、一点ものであること、
持ち主のちょっとした元気づけになるような、そしてずっと大切にしてもらえるような作品作りを心がけている。
http://shinobuparis.jugem.jp/

Shinobu_works.jpg

スサイタカコ
susai_potrait._200jpg.jpg
美學校 造形基礎卒業。クレヨン、水彩、アクリルなどで、絵、壁画を描く。
立体作品、インスタレーション、アニメーションなど、触って遊んで、体感して、ココロオドル世界を創りだす。
個展、イベントなどにて作品を発表。一緒にオモチャをつくったり、絵を描くワークショップを開催。
ディスプレイ、書籍の装丁など、国内、海外各地で活動している。
http://www13.ocn.ne.jp/~taarucci/

susai_works.jpg

外川大作
togawa_p_200.jpg
人形・ぬいぐるみ作家。山梨県出身。
1999年、独学で人形の製作を開始、2005年より本格的に作品の製作に取りかかる。
祐天寺「TRAMPOT」での販売開始を機に、その独創的な作風が認められ多くの人々から支持を得る。
スタイリスト長瀬哲朗の名古屋コレクションや中島美嘉のツアーパンフレットなどにも起用される。
2009年には「天童木工PLY」、「SHOP DETAIL 中目黒店」にて「外川大作展」を開催。
ファッションブランド「DRESS CAMP」の前デザイナー岩谷俊和のブランド「DRESS33」とのコラボDOLLも展開している。
http://www.togawa-doll.com/

togawa_works.jpg

丹地 香
tanji_photo_200.jpg
Kaori Tanji was born in Tokyo and graduated from Bunka Fashion College.
After having experiences as an assistant fashion stylist, she worked on planning at several clothing companies.
Kaori has been working as a freelance knitwear designer since 2002 and is also known as a doll designer.
Her crochetted dolls enjoy a high reputation and have been distributed since 1998.

東京都生まれ。文化服装学院卒業後、スタイリストアシスタント、アパレルでの企画勤務を経て
2002年よりフリーのニットデザイナーとして活動中。
1998年に編みぐるみの制作販売をしたことをきっかけに、人形制作を開始。
現在人形作家としても活動中。オンラインshop URESICAにて作品販売も行なっている。
http://www9.ocn.ne.jp/%7Ep.1711/KAORI/

tanji_works.jpg

nuico
nuico_potrait_200.jpg
人形作家。1984年福岡県生まれ。「縫い」の「ヌイ」に、コドモのような視点を持つ作家自身と
制作する人形をコドモのように思うことの「コ」を合わせて「nuico(ヌイコ)」という名前で活動。
ぬいぐるみの手法を使った彫刻的な立体作品や、物語性のある空間演出を手掛け、制作は全て手作り。
テーマやストーリー、人形の性格に合わせて素材を選び、その縫い目やカタチは時に不細工な事もあるが、
その「不完全さ」が個々の作品に個性と感情を与える。
http://www.nuico.info/

nuico_works.jpg

野口 祐輔
CJC_logo_200.jpg
1978年生まれ。
(株)マキヒロシゲアトリエ「gomme」ディビジョンチーフを6年間歴任後、2006年CRAM JAM CHEST設立。
国内展示会4シーズン後、イタリア・ミラノにて展示会を開催する。
また、(株)ヨウジヤマモト「Y’s Red Label」デビューコレクションへメンバーとして参加。
2009年パリにて展示会を開催。
現在、伊勢丹(日本)、MAX FIELD(アメリカ)、CLUB21(シンガポール)などに作品を展開している。
http://www.cramjamchest.com/

noguchi_works.jpg

POTTO
potto_p_200.jpg
EversincePOTTO’s debut collection in 2002 the brand has worked under the philosophy of ”being free,living comfortably,and doing things D.I.Y. “ POTTO’s collections feature unique ideas and techniques like apparel made using the faces of people and animals or in shapes resembling aerial images of animals or flowers when laid flat,as well as items made of pattern paper for stuffed toys and Zen-themed garments cmposed of a single rectangle.2008 saw the brand release a “picture wear” series that resemble wearable portions of paintings and can be displayed like them when not in use.Through this sort of original patterning, POTTO continues to produce mirthful apparel.

1974年兵庫県生まれ。文化服装学院卒業。
舞台衣装やミュージシャン等の衣装製作を経て2001年にPOTTOの活動を始める。
2002年のデビューコレクション以来、“自由であること。心地よく暮らせること。D.I.Y.であること。”を考え活動を続けている。
人や動物の顔が服になったり、平面に置くと地上絵のように動物や花の形になる服や、
ぬいぐるみの型紙で作った服、禅をテーマに一枚の長方形で作った服など、独自の発想と手法でコレクションを発表。
08年は、着ない時は飾っておける“絵になる服”を発表。独特でユーモアのある服を作り続けている。
http://www.potto-web.com/

potto_works.jpg

山縣良和
yamagata_p_200.jpg
2005年セントラルセントマーチンズ美術学校ウィメンズウェア学科を首席にて卒業。
ジョンガリアーノのデザインアシスタントを務めた後、パリ、ロンドンを拠点に活動後、帰国。
2007年にリトゥンアフターワーズ設立。2008年9月より東京コレクション参加。
2009年オランダアーネムモードビエンナーレにてオープニングファッションショーを行なう。
http://www.writtenafterwards.com/

ヨシエ
%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%88-yoshie_200.jpg
‘yoshie’ is an illustrator who’s making her picturebooks and illustrations with colourful pieces of fabric, acrylic, stitch and collage.

絵本作家/イラストレーター。
色とりどりの布ハギレとミシンステッチ、アクリル絵具、コラージュを自由にミックスした絵で、
絵本や広告、ワークショップ等で活動中。
著書に「ヨシエフォンデュ」「ポンポルトンタン」「ツキミモザ」「ロンドンのおさんぽ」「ギイドロとマレンカレン」などがある。
www.yoshiemilk.com

yoshie_work.jpg