5月16日(金)より、CALM & PUNK GALLERYにて東恩納裕一「refract!」展が開催。


反射と屈折 めまいと覚醒 ユーモラスでセクシー、かつ痛快

ペインティング、オブジェ、映像、インスタレーションなど、形式問わず様々なモチーフ、素材、現象で見る者の視覚に作用する作品を創りだす作家、東恩納裕一。
彼の作品は、現代社会に生きる我々の「見ること、見てきたこと」の体験を潔く問い直します。 今回、「refract!」では、作家個人が感じる日常のありふれたものに対する違和感や不気味さ・妄想をユーモラスでセクシー、かつ痛快に作品として創りだし、天井高(5m)のあるスペースを活かしたインスタレーションをおこないます。
新作の大型シャンデリアのほか、ミラーボール、床面を使った蛍光灯インスタレーション、ゴムバンドによるストライプ作品、絵画、新作アニメーションなどのモアレやオプティカル効果を使った作品は、一種の“鏡”として、私たちの視線を反射/屈折(refract)させ、私たちに送り返される私たち自身の視線、それは、私たちの居場所をあいまいにし、私たちにめまいと覚醒をもたらします。
会期中は会場にて東恩納裕一初のアーティストブックGASBOOK 25 Yuichi Higashionnaも先行発売予定!
refract!—a new exhibition from Yuichi Higashionna is on at CALM & PUNK GALLERY from 16th of May. Yuichi Higashionna is an artist who works with a variety of subjects, using different materials and media, all of which play with our optical experience. His work in painting, film and installlation is unconstrained by form or method. Through his art, Higashionna questions our experience of seeing and what we have seen.
In the refract! exhibition, Higashionna will create installations inspired by feelings of “the uncanny” and of being out of place. His creations will provoke audiences to question their familiarity with ordinary everyday objects and phenomena. His humorous, sexy and fun work will be presented on a large scale, utilising the 5-metre high open spaces of the gallery.
To coincide with the exhibition, the artist’s first book will also be released.
東恩納裕一 refract!
会期 : 2008年5月16日(金)〜 6月5日(木)
時間 : 11:00 – 19:00
入場 : 無料
会場 : CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
(地下鉄千代田線乃木坂駅徒歩5分)
TEL : 03-3401-0741
共催 : ユミコチバアソシエイツ
カームアンドパンクギャラリー
Yuichi Higashionna refract!
Dates: Friday 16th May – 5th June 2008
Opening hours: 11am–7pm
Free admission
The exhibition is presented by Calm & Punk Gallery in association with Yumiko Chiba Associates.