2008年11月24日(月 – 祝日)にクリエイティブポータルサイト[HITSPAPER] が主催するデザインカンファレンス[HIGH5 2]が開催されます。
Design conference HIGH5 2 run by creative portal site HITS PAPER will be held on 24th of November 2008.
high_5_2_2_2.jpg
『デザインカンファレンス HIGH5 2』
日 時    : 2008年11月24日 (月 – 祝日) 13:00〜20:00
開催場所 : 横浜大さん橋ホール
主 催   : HITSPAPER
協 賛   : アドビ システムズ株式会社、株式会社ワコム
スピーカー :
artless /川上 俊 
丹下紘希 
Nam 
qubibi
Stefan Sagmeister 
Wieden + Kennedy Tokyo / +CRUZ 
入場料 : 通し券 3,000円 (税込) Tickets available from Hitspaper Webshopより。
定員    : 400人
※他、詳細は下記よりご確認下さい。
H.P : HIGH5 2 Official Site
H.P : Hitspaper Webshop
以下プレスリリースより:
今回のHIGH5のテーマは”Black Box”。人の脳は絶えず情報をインプットし、アートワークとして、言語として、時には感情としてアウトプットし続けています。現在の経済社会では結果のみが重視され、そのプロセスが疎かにされがちだと感じずにいられません。長い歴史を紐解いてもその過程や、そしてバックグラウンドとしてのスタート地点が長いスキームでは欠かせません。Black Boxというテーマを掲げた理由は正にこのような眼に見えない大事なモノを紐解きたいという憶いがあります。このイベントを通じてそのプリミティブな要素を探求出来れば幸いです。
Briefing from press release :
The theme of HIGH 5 2 is “Black Box”. The Brain of human being is always keep putting in the information and letting them out as a language, emotion or as an art work. In this economy based society, only “result” is tend to be emphasized rather than the process of it. Looking through the history book, it is obvious that process and starting point as a back ground is very important in a long term scheme. The reason why HITS PAPER chose the theme of “Black Box” is because they wanted to open up and see important things that are hidden in the process of making works. HITS PAPER are willing to explore the primitive element of people`s work through this event.
それぞれのゲストスピーカーに関して
About each guest speaker
・artless / 川上 俊
artwithsound.jpg
©artless
1977年東京生まれ。artless Inc.代表。グラフィックデザイン、アートディレクション、ブランディング、インタラクティブ、映像、インスタレーション、空間 演出など、ジャンルやカテゴリーに縛られず、広い視野でデザインを考え、活動している。また、国内外でのエキシビションやプロジェクトの参加及びキュレーション、各メディアへアートワークの出品など精力的にアーティスト活動も行う。ADC : Young Gun 6、NY ADC賞、One Show、グッドデザイン賞、東京インタラクティブ・アド・ア ワード等を受賞。
“artless” is an independent art and design studio founded by Shun Kawakami in Tokyo (1999). Their activities are in the framework and language of design. They have worked on several projects such as corporate Identity, concept making, branding, graphic design, interactive design, photograph, video, product, installation, architecture and so on. “artless” think “Design as a Visual Language”, and their active is in between “art and design”. They manifest diverse practice across fields of the art, the design, and the others. Different experiences give us a broader point of view. “artless” had expand their activity worldwide and their projects can be undertaken oversea. Their creative team includes “creative director, art director, graphic designer, interactive designer, programmer, architect, interior and product designer, film-director, composer, musician, photographer, illustrator, painter etc..”.
・丹下紘希
around%20the%20world.jpg
©Hiroki Tanka
1968年岐阜県生まれ。Yellow Brain代表にしてプロモーション・ビデオや映画の監督など多岐に渡る映像作家。舞踏家大野一雄に師事し、1988年にはオーストラリア万国博覧会に滑川五郎とともにダンサーとして参加した。東京造形大学デザイン学科卒業後、文化庁在外派遣芸術家として1年間ニューヨークに滞在。アーティストの楽曲を大胆に解釈し、「丹下色」とも言われるグレー、モノクロ、セピア等を基調とした独特の色彩の世界観を構築する。近年では、マバタキ製作所というデ ザインスタジオを設立している。
Taka was born in Gifu in 1968. Tanka is a video artist and direct variety of work such as promotion video and movie while working as representitive director of Yellow Brain. He worked for Kazuo Oono who is an Buto dancer. He also perticipated in Australian world exposition with Goro Namekawa as a dancer in 1988. Tanka graduated design course of Tokyo Zoukei Univerity and he was dispatched to New York as an artist by cultural agency affairs. He interpreted music of artist in bold way and constructed his original world with grey, monocrome, and sepia as his basic color and this color was known as “Tanka color”. In recent years, he built design studio called Mabataki production company.
・Nam
gooood_fix.jpg
©Nam
2006年5月グラフィックデザイナーの中沢貴之とフォトグラファーの間仲宇によりグラフィックと写真による可能性を探す制作活動をスタートさせる。2007年、 各ジャンルのアーティストたちの参加により総勢10名以上のグラフィック集団になる。作品集『Nam -Portrait』の出版、企画展の開催にむけて現在作品制作中。
“NAM” is an artist group originally established by Nakazawa Takayuki (graphic designer) and Manaka Hiroshi (photographer).
Currently, over ten artists from various backgrounds are belonging to NAM. They are searching for possibilities in the world of visual arts, and exploring the art based on their theme”A fantasy in life”.
・qubibi
pitfall_sample.jpg
©qubibi
1977年東京生まれのWebアーティスト。qubibiを屋号として活動。ビジュアルからプログラミングまでの一連の作業をほぼ一人で行うことが多く、個性的な作品作りを得意とする。主な作品としてはDAYDREAM、INDIA、TORIKAGOなど。カンヌ国際広告祭銀賞、One Show Interactive Gold、D&ADYellow Pencill、文化庁メディア芸術祭優秀賞など受賞。
・Stefan Sagmeister
20070823_211366.jpg
©Stefan Sagmeister
1962年、オーストリア生まれ。ウィーンの応用美術大学で美術学修士号(グラフィックデザイン専攻)を取得。フルブライト奨学生としてニューヨークのプラット・ インスティテュート修士号取得。広告代理店レオ・バーネットの香港オフィス、ニューヨークのM&Co.にクリエイティブディレクターとして勤務した後、1993年ニューヨークにサグマイスター・インクを設立。グラミー賞パッケージ賞に4回ノミネート。クライスラー賞、ニューヨーク・アートディレクターズ・クラブ金賞、東 京TDCグランプリなど数多くの国際的なデザイン賞を受賞する。
Stefan Sagmeister formed the New York based Sagmeister Inc. in 1993 and has since designed for clients as diverse as the Rolling Stones, HBO, and the Guggenheim Museum. Having been nominated five times for the Grammies he finally won one for the Talking Heads boxed set. He also earned practically every important international design award. In the beginning of 2008 a comprehensive book titled “Things I have Learned in my Life so far” will be published by Abrams. Solo shows on Sagmeister Inc’s work have been mounted in Zurich, Vienna, New York, Berlin, Tokyo, Osaka, Prague, Cologne, Seoul and Miami. He teaches in the graduate department of the School of Visual Art in New York and lectures extensively on all continents. A native of Austria, he received his MFA from the University of Applied Arts in Vienna and, as a Fulbright Scholar, a master’s degree from Pratt Institute in New York.
・Wieden + Kennedy Tokyo / +CRUZ
NIKE_PRESTO_04.1_SKWERM_DJ%5B2%5D.jpg
©Weiden + Kennedy Tokyo
80年代にNIKEで大ブレイクを越し、21世紀に入ってからも、HONDA、COCA-COLAなど数々のビッグキャンペーンを、卓越した表現の力で成功に導き、広告業界のトップを走り続けているクリエイティブ・エージェンシー。+cruzは彼のルーツでもあるアジアの文化への強い関心を活かしクリエイティブディレクターとしてNIKEを始め、Google、HONDA、Kumon、Mori Buildingなどのクライアントワークを手がける。また、東京オフィス発のハイブリッド音楽レーベル、W+K Tokyo Labのクリエイティブディレクターも務めるなど、常に新しい挑戦を続けている。
W+K leads many big campaigns such as HONDA, COCA-COLA to the success by power of the prominent expression. Most well known smash hit work was for NIKE in the 80’s. Even now in the 21st century, W+K continue running at the top of the advertising industry.
+cruz is creative director worked with clients such as NIKE, Google, HONDA, Kumon, and Mori Building. Since he has an Asian background, he always has his interest in Asian culture and he believes Asian has more influential power than they think. He is also creative director of the hybrid music label called W+K Tokyo Lab. He is constantly pushing his limit and facing new challenges.