セットデザインやインスタレーション作品を制作し、今ニューヨークで注目を集めるアーティストデュオ「CONFETTISYSTEM」(Julie Ho & Nicholas Andersen)。Opening Ceremony, Lanvin, MoMa PS1, American Ballet Theater, Harper’s Bazzarといったショップ、ミュージアム、マガジンに作品提供するなど、幅広いジャンルで活躍する彼らの最新ニュースとショートインタビューを紹介。

A New York-based artist duo “CONFETTISYSTEM” consisting of Nicholas Andersen and Julie Ho creates set designs and installations for a large client base including Opening Ceremony, Lanvin, MoMa PS1, American Ballet Theater and Harper’s Bazzar…just to name a few. The duo works in a wide array of genres and has been creating a lot of buzz lately. We did a short interview about how they forged the duo together and their upcoming projects they’ve been working on…

GAS: CONFETTISYSTEMはどのようにして始まったのですか?また、なぜConfetti(紙ふぶき)を使って作品を作ろうと思ったのですか?

CONFETTISYSTEM(以下CS): 私たちは元々10年来の友だちだったのですが、お互いに共通する美的感覚、また手作りのモノや特別な活気に満ちた空間を称賛する感覚を持っていることに気づいたのです。そして「CONFETTISYSTEM」は、2008年夏にヴィジュアル要素を重視したバンドとして活動を始めました。私たちはニューヨークのブルックリン、ウィリアムズバーグ地区でのパフォーマンスのために手の込んだ装飾を制作したのですが、その時から薄葉紙やメタリックの箔を用いた精巧なセットと舞台空間を作り始めました。その夏、数人のメンバーが去ったものの「空間装飾」や「お祝い」に対するアイディアは現実的なものになりました。そして、自分たちの音楽のパフォーマンス用に装飾を手がける計画をしていた時、子供の頃ピニャータパーティー*がとても楽しかったのを思い出し、そんな楽しい雰囲気を再現させたいと思ったのです。
(*ピニャータ:くす玉のように、厚紙で作った人形の中にお菓子やおもちゃが詰められており、それを子供がちが棒でたたいて割ってお祝いする)

私たちの「お祝い」を愛する気持ちは、ピニャータを割った時の幸福の瞬間のような喜びや好き!という気持ちに由来しています。なので、私たちはこの新しいプロジェクトの名前を「CONFETTISYSTEM」と名付け、それはとってもぴったりな名前だと思ったのです。私たち「CONFETTISYSTEM」が目指しているのは、自分たちや周りの人達のために、そんな楽しいお祝いの瞬間を何度も作り出すことなのです。

GAS: How did you two meet and started CONFETTISYSTEM? And, how did you come up with the idea of using the confetti for your artwork?

CS: We have been friends for over 10 years and realized we both shared a similar aesthetic and had an intuitive appreciation for the handmade and for spaces with a specific energy. CONFETTISYSTEM began in the summer of 2008 as a band with a heavy visual component. We both elaborately decorated for performances in Williamsburg Brooklyn, we began using simple materials like tissue paper and metallic foil to create elaborate sets and environments. The summer ended a few members left, but all of the ideas of transforming spaces and celebration crystallized that summer. While we were planning decorations for one of our musical performances, we remembered how fun piñata parties were as children and we wanted to recreate that feeling. Our love of celebration stems from the pleasure and love that are associated with that perfect moment, like the moment the pinata breaks. We decided to keep the name for this new project as it was perfect!  CONFETTISYSTEM’s goal is to create more of these moments in life for ourselves and for others, again and again.

GAS: 今後新しい展覧会やプロジェクトを予定していますか?

CS: 昨年夏に発表した、紙で作ったデコレーション作品「PARTYPARTY」の新作プロモーションを始めたところです。オーストラリア、メルボルンにあるショップThird Drawer DownやニューヨークのThe Future Perfectで販売されているので、ぜひリンクを見て下さいね。またここ最近ではSueddeutsche Zeitung Magazin, Spring Issue用に私たちが紙とメタリックホイルで人気のバックをリメイクし、フォトグラファーのTim Barberが撮影するというコラボレーション作品を制作しました。http://confettisystem.bigcartel.com/category/partyparty

GAS: Are you expecting any exciting upcoming shows or projects in the near future?

CS: We’ve also started to promote our new collection of hanging paper decorations, PARTYPARTY, which just debuted last summer.  They’re being sold at The Future Perfect here in NY and Third Drawer Down in Melbourne.  Check out the collection here:(http://confettisystem.bigcartel.com/category/partyparty) Recently, we collaborated with Tim Barber on a shoot for the spring issue of Sueddeutsche Zeitung Magazin, recreating iconic handbags out of paper and metallic foil.

Interview and Text by Yukiko Oyama