Atmosphereではミネソタ州を拠点に活動しているGregory Euclideについてご紹介致します。

Atmosphere would like to introduce Gregory Euclide, a Minnesota-based artist.

unnamed

 

1.Please tell us about yourself.

My given name is Gregory Euclide. My parents were creative and practical. My Mother is a Master Gardener and my Father was an art teacher who built our homes we lived in. I was easygoing because I kept myself occupied in the woods around our homes and never got bored. I would build forts out of sticks in the woods and spend every minute of free time out in the land. That love of the land has bridged to my current position, although I don’t have as much time to explore.

 

1.自己紹介をお願いします。

Gregory Euclideです。両親はクリエイティブで現実的な性格でした。母は庭師で父は美術の先生をやっており、父は自分で家を建てました。私はいつも家の周りの森で飽きることなく遊んでいたので、のんびりしていました。いつも森の中で枝を使って砦を作ったりして遊んでいました。探検をする時間は無いですが、土地に対する愛は今の私にとって架け橋のようなものです。

Final-Color-Stretch

 

2.When did you begin to work creatively? What made you start?

I began drawing things that I saw in the forest… a leaf, the bark of an oak, an animal skull. I am not really sure why I did that. My father was an art teacher, but he never said, “you should draw” or anything remotely close to that. Maybe they did some things that I cannot remember. Either way, I continued because it got me attention. As a child in grade school I loved the art classes and I was good at doing what the teacher asked. Later, I used it to get attention from people I had a crush on.

 

 

2.いつから創作活動を始めましたか?また、そのキッカケは?

葉やオークの皮、動物の頭蓋骨など森で見たものを描き始めました。自分でもなぜそれらを描いていたのかよくわかりません。父は美術の先生でしたが、決して「絵を描きなさい」とかそのようなことは言いませんでした。もしかしたら覚えていないだけで何かしていたのかもしれませんが。どちらにせよ私は絵を描くことに関心があったので続けました。小学校時代は美術の時間が大好きで、先生の言う事をちゃんと聞くような子どもでした。それから注目されたくて絵を描いたりするときもありました。

In_The_Mist

 

3.What kind of things do you get inspiration from?

I am interested in how I experience land and how land is used and thought about in the general public. Land is interesting because it is political. Everything we thing land should be used for says something about us as people and a society. There are conflicts that exist over land (mining vs. preservation) and these debates are contentions and heated. They allude to the core values people have and I think that is as good of place as any to gain inspiration.

 

 

3.何からインスピレーションを得ますか?

私はどのようにして土地を経験するのか、土地がどのように使われて、私たちがどう考えているのかに興味があります。土地は政治的なものなので面白いと思います。土地というのは私たち人間や社会といったものの為に利用されるべきだと私たちは考えています。鉱業対保全などをはじめとした土地をめぐる様々な紛争があり、それらをめぐる論争が過熱しています。土地は人々の根本的な価値観について言及していて、それは何よりもインスピレーションを得る良い源だと思います。

 

my-lines-push-through-the-grid-and-evaporate-on-the-over-under-copy

 

4.Please tell us about your process of making art work. How and when do you develop your ideas?

I like to play around with a lot of different materials. I grab as much of my materials from the land. I think items that have significance, like invasive species. These plants have a complicated history and I like the double meaning they can have. For instance some of the invasive plants are really quite beautiful, but they are destroying the balance that is traditionally established so we look at them negatively. I take plants like that and locate them into traditional landscapes. To me, this develops a tension between the quaint, traditional view of land and the reality of how we actually live in it.

 

4.作品を作る際、作品の道筋やアイデアをどのように、(またはどのような時に)考えますか?作品を作る時のプロセスを教えてください。

色んなものを組み合わせて遊ぶのが好きです。土地からできるだけたくさんのものを拾ってきます。外来種のような貴重なものです。このような植物は複雑な歴史を持っており、私はそれらが持つ二重の意味が好きです。例えば侵襲性のある植物は本当にとても美しいですが、これまで伝統的に確立されていたバランスを破壊しているので否定的にも見えます。私はそのような外来種的な植物を採って伝統的な景観と組み合わせます。私にとっては、趣のある土地の伝統的な景観と実際にどのようにしてそこに住むのかといった現実の間のストレスを感じさせるものです。

 

 

photo-e1396986786132
5. Please show us some examples of your installations.

5.これまで行ってきたインスタレーションを見せてください。

 

 

Held-within-what-hung-open-and-made-to-lie-without-escape-15A

OTHERWORLDLY: OPTICAL DELUSIONS AND SMALL REALITIES @ MUSEUM OF ARTS AND DESIGN, NEW YORK, NY

install-overview-2

BECAUSE THERE’S A THERE, HERE IS JUST FINE

Installation1

AFTER I OMIT THE TAKING IN MY POSTURE SEEING BECOMES THE NEW WAY OF OWNING

 

6.Please tell us the 3 most important points in the process of making your artwork.

Concept. Play. Execution.

Play is such an important part of the practice. If I don’t have time to explore I tend to repeat my self … just making it more and more detailed and precise. sometimes I need to shift directions and play helps with that.

 

6.作品を創作するにあたって最も大切にしていることを3つ教えてください。

コンセプト、遊び、実行

遊びは実践の重要な一部です。もし探索するような時間が無かったら、単にそれをより詳細に正確なものにしただけで同じことの反復になってしまいます。だから時々方向性を変えてみたりする事が大切で、その際遊ぶことは役に立ちます。

w-e13847256952687. You create works with nature themes, do you have any episode that you would like to share with us related to your memories in nature?

The history of landscape painting is where my work takes its roots from. And those things are always political. Nowadays, you have to search to find those bucolic vistas in real life, and 99% of the time they’re shit– there’s a galvanized steel guard rail in front of you and cigarette butts and Doritos bags all around. But people climb out of their cars, take photos of these vistas, and then get back in their cars and drive away on a road that was made by tearing half of a mountain face away.So I’m putting these totally kitschy, idealized landscapes inside of these paintings that are just torn apart. I include all this garbage in them– the Bon Iver cover has found styrofoam in it (below)– and I cut them up to expose the illusion of those types of paintings.

 

7.自然をテーマにしたものが多いように感じますが、自然との関わりに関するエピソードがあれば教えてください。

風景画の歴史は私のルーツで、いつも政治的な意味が込められています。近頃では、現実世界の中で田園的な眺望を見つけるためには探し出さなければならず、時間の99%が馬鹿げていて、目の前にはスチールガードレールやタバコの吸い殻、ドリトスの袋が周りには散らばっています。人々は車から降りて写真を撮り、車に戻って山の表面の半分を引き裂いて作った道を走って行きます。だから私はとても俗悪なものを引き裂かれた絵の中の理想化された風景に表現しています。作品の中にはこういったゴミを使っています。例えばBon Iverのジャケットには(次の質問にも関連していますが)発泡スチロールを使っています。それからこういった絵の錯覚を表現するためにそれらを切ったりもします。

 

All-of-your-diamonds-slipped-green-points-into-the-ease-of-not-knowing-copy

.8. You designed album artwork for Bon Iver, please tell us some inside stories.

It’s a weird story. About ten years ago, I was dating a girl in Rochester, MN who was working at an Outback Steakhouse, and she invited me out to dinner with these high school kids she was working with at the time. I exposed them to people like Gillian Welch and Uncle Tupelo, and they moved to Eau Claire, Wisconsin and started a band named after me called Dinner With Gregg.

Fast forward… I meet a woman from MPLS and we start dating. She has a friend who the album For Emma Forever ago was written about. I meet her friend. She tells Justing Vernon about my work by posting something to Facebook. Justin is friends with the guys from Dinner With Gregg. They post to Facebook “you do know that this is Greg from Dinner With Gregg right?” My wife used to attend Dinner With Gregg shows back in Eau Claire, because she was raised there. I had not known that the high school kids from Rochester had made a band. I completely lost track of them until that day on Facebook. It had all come full circle and was rather amusing.Justin looked at my work and felt it would be a good fit for the album cover and we worked on it together.

 

8.Bon Iver のアルバムアートワークを手掛けていますが、何かそれにまつわる話があれば教えて下さい。

不思議な話です。約10年前、ミネソタ州のロチェスターという場所のアウトバックで働いていた彼女とデートをしていた時、彼女に当時一緒に働いていた高校生達と夕食に行かないかと誘われました。私はGillian WelchやUncle Tupeloの音楽に出会い、ウィスコンシン州オークレアに引っ越して自分の名に因んだDinner With Greggというバンドを始めました。

手短かに言うと、私はミネアポリス出身の女性に出会って、デートをするようになりました。彼女の友達にFor Emma Forever ago(Bon Iverの1stアルバム)について書いている人がいたので、私は合うことになりました。彼女はJusting Vernon(Bon Iverのボーカル)にFacebookにアップされていた私の作品について話してくれました。JustingはDinner With Greggのメンバーの友人でもありました。彼らはFacebookで「Dinner With GreggのGregかい?」と尋ね私の妻はオークレアで育ったので、そこに戻った時にはDinner With Greggのライブをよく見に行っていていました。私はローチェスター出身の高校生がバンドをやっているなんて知りませんでした。だからFacebookでそのような連絡がくるまで全く彼らの所在を知りませんでした。それは素晴らしい巡り合わせで、とても面白いものでした。Justingは私の作品を見て、アルバムのカバーにピッタリだと感じ、それで私たちは一緒に作品を作りました。

Bon-Iver-Bon-Iver-Cover-Art

9.Please tell us about your future plans.

I have a couple shows coming up in the MidWest. I have a solo show in Sioux Falls at the Washington Pavilion and I have a solo show coming up at the South Dakota Art Museum. I am also releasing a series of inexpensive prints throughout the winter available at www.gregoryeuclide.com

 

9.今後の活動について教えて下さい

直近で言うと、中西部で展示が幾つかあります。スーフォールズのワシントンパビリオンで個展が、その次にはサウスダコタ美術館で個展をやる予定です。HPではこの冬プリントシリーズをリリースしていくので、是非チェックしてみて下さい。

Panicum-Polar-Change

 

 10.Please show us your working space!

St.Peter

Interview and Text by Yukiko Oyama