Atmosphereでは、6月13日(土)から開催するTOLOT/heuristic SHINONOMEの特別展
「ハンディウィルマン・サプトラ:物質について」をお知らせ致します。
Atmosphere would like to introduce a special temporary exhibition,
“Handiwirman Saputra: Material Matters,” from June 13 untill July 25, 2015

SaatBentukJadiKelakuan preview websize 3

西スマトラ出身のハンディウィルマン・サプトラ(Handiwirman Saputra)は、
インドネシアの現代アートを語る上で欠かせないアーティストグループ
「ジェンデラ・アート・グループ」の創設メンバーの一人です。このグループ創設時、
まだ学生だった彼の関心は一貫して「物質」つまり素材に向かっていました。
Handiwirman Saputra, who is known as Handi, was born in 1975 in West Sumatra.
He was a founding member of the Jendela Art Group , one of
the most important collectives in the development of Indonesian contemporary art.

身の回りにある素材が彼独自の「見方」により、組み合わせられることで時にグロテスクで
ありながら美しい、驚きとユーモアに満ちた詩を生み出します。最近では、カメラやスキャナーを
用いたペインティングやデジタルプリントの平面作品も手がけ、ますます芸術表現の幅を
広げています。
Since he was a quiet wood sculpture major, and even from this early stage, the focus
of his attention was on “substance,” which is to say materials. Closely observing
the myriad materials that surrounded his everyday life, he realized that unique
perspectives could bring to prominence the inherent substance of those materials.

SaatBentukJadiKelakuan preview websize 2

今回の展示は、インドネシアの若手アーティストを国際的にプロモーションしていこうという
インドネシアのコレクターの強い意志と日本のサポーターの協力が結実した、ハンディウィルマン・
サプトラの日本で初めての個展です。最新作2点も含めて全部で14点の作品を紹介。
過去20年にわたるアーティストの芸術表現の発展を主に5つのセクションに分けて展示します。
This exhibition was made possible by the passion and cooperation of Indonesian
collector and gallery owner who are keen to help promote the work of young Indonesian
artists internationally and also by the generous support of Japanese supporters.
This exhibition is Handiwirman Saputra’s first solo exhibition in Japan and it
presents 14 works including 2 brand new pieces.

SaatBentukJadiKelakuan preview websize 1

アーティストのこれまでの全貌を概観できる回顧展なので、ハンディの作品を見たことない方でも
楽しめます。ぜひ日本から遠い国の世界観を堪能してみて下さい。
This show is the first time to present his solo exhibition in Japan.
A concise retrospective, it is made up of five sections that each covers key pillars
of the artist’s practice over the last 20 years, so if you haven’t seen her works,
this exhibition could be enjoyed.

————————————————–

『ハンディウィルマン・サプトラ:物質について』
日程: 2015.6.13(土)—7.25(土)
※オープニングレセプション: 6.12(金)17:00〜19:00
アーティストのハンディウィルマン・サプトラ、キュレーターのエニン・スプリヤントも参加予定。
休廊日: 日・月・祝
時間: 11:00—19:00
会 場: TOLOT/heuristic SHINONOME
〒135-0062 東京都江東区東雲2-9-13 2F http://www.heuristic.com/tolot/
(りんかい線「東雲」駅 A出口を出て左折、ロータリーを過ぎ「ゆで太郎」がある角を右折し、
そのまま200m程直進した左手にあるえんじ色の大きなドアが目印です)

Period: Saturday June 13, 2015 – Saturday July 25, 2015
※Opening Reception: Friday June 12, 2015 17:00 – 19:00
※Closed on Sunday, Monday and Holiday)
Opening Hours: 11:00 – 19:00
Venue: TOLOT/heuristic SHINONOME
2-9-13-2F Shinonome, Koto-ku, Tokyo 135-0062
http://www.heuristic.com/tolot/
(Please get off RINKAI Line at “Shinonome” station. After go outside through Exit A,
turn left, pass the traffic circle, turn right at the corner of “YUDE TARO”.
Go straight ahead 200 meters and on your left hand side,
you will find a big dark red colored entrance door.)