シカゴ生まれサンディエゴ育ちの若手クリエイター、Julian Klincewicz。10歳からスケートにのめり込み、現在は映像作家、ミュージシャン、アーティスト、モデル等ジャンルを超えて活躍している。パーソナルな目線から撮影する独自のスタイルが話題を呼び、近年ではファッションブランド・Gosha Rubchinskiyとのコラボレーションや原宿・ROCKETでの展示を行ったばかり。映像にとどまらず、様々なメディウムを使い作品を発表している彼にクリエイティブのルーツ等を伺った。

IMG_4042https://www.instagram.com/julianklincewicz/

■幼少期の頃はどんな少年だった?
ポーランド系ハンガリー人の家族と7歳までシカゴで過ごしたよ。そのあと、お母さんと妹と一緒にサンディエゴに引っ越したんだ。幼い頃は、なにかと登ることが好きだったね。シカゴで住んでたアパートの天井や壁を走れるように柱とか棒を集めたりしてた。揺らしてから登ったりして、どんな形の木でも登れるくらいだったよ。
それでサンディエゴに移ってからは、一年間体操競技もやったね。サーカス団に入って、一輪車、綱渡り、空中ぶらんこ、ジャグリングとか少しトランポリンとかもやったりもしたよ。10歳でスケートボードを始めて、最終的にサーカスをやめるほどにスケートに夢中になったんだ。

■10歳の頃からスケートを続けているけど、自分自身にも作品にも影響してきてる?
そうだね。スケートボードは、人生で初めて夢中になったものだから。スケートって本当にクリエイティブなジャンルなんだよ。自分で行っていることすべてが、クリエイティブじゃないといけないんだ。例えば、ボード上でのスタイルのレベルやアートワーク、どのように人がその場所を撮っているか、映像作家がどのようにスケートのトリックを写しているかなど。
最近、スケートをダンスとして考えてみたりするんだ。ただ人が体を動かす様子やなにか動きをつけているところからそう感じたんだけど。そういうことも含めて、スケートはいつも新しいことを与えてくれる。だからMark Gonzalesは、アートのメディウムとしてスケートボードを行っていた素晴らしい例だと思うよ。

18.4 (mirror) copy

■映像作家でもあり、モデルもやってるよね。撮ってる側、被写体どちらも経験していることは作品に影響してることはある?
(笑)どちらの分野でも経験をそんなに積んでないのに、関わらせてもらっていることにとても感謝しているし、どちらの仕事に対しても尊敬しているよ。
モデルの仕事に関しては、いつもベストを尽くして他の人がなにを必要としているのか、どんなビジョンで撮影したいのか理解しようとしているよ。スタッフみんなで協力して助け合うために精一杯やりきってる。
映像作家、写真家としては、被写体を覗き見るような感覚で撮影してるよ。モデルがとても自然体でいる瞬間を捉えることだけにとても興味があるんだ。だから自分のモデルの活動は、撮影する以上に(感情的に)少し難しいところがあるね。

■いつも使っているカメラを教えて。
いまは4つのVHSカメラを使い分けているよ。パナソニック製が一番好きなんだ。Black Magic 4Kカメラを持ってる友達とコラボレーションプロジェクトを行ったこともあるよ。予算があれば、16mmとか35mmで撮りたいけど、今はとりあえずVHS と 4Kを使ってる。

Screen Shot 2015-10-17 at 11.21.57 AM

■パーソナルな目線から撮影していて、とてもリアルで魅力的に感じるんだけど、なにか一貫したコンセプトはある?
ありがとう!素晴らしい作品は、製作者たち自身から、またはその人たち自身のために制作された作品でもあると思うんだ。たとえ発表する予定がなく、人々が気に入るような形でない作品だとしても、とりあえず制作していくんだよね。そういうことの繰り返しが、素晴らしい作品を作り上げていくんだと思う。ふだん撮影するときに、被写体の至近距離まで近づくから、自然と沢山知り合いも増えていってるよ。
“Llune’m” と”Delonely”のようなビデオ作品が一番感情的に強い作品なんだ。純粋に自分のために作ったビデオであり、僕がその時どのように感じたのか、どれだけ夢中になったのかはっきりと分かるように作らなければいけなかったからね‥‥だから、撮影のコンセプトとしては、作品に夢中になりすぎないようにすることかな。

■アーティストKelsey Brookesのアシスタントにも就ていたそうだね。彼の個性や作品の一部はJulianにも影響してきてる?
2年以上も前のことだけど彼のところで働いてたよ。今まで出逢った人々の中で、とても優しくてとても魅力的な人の1人だった。そして魅力的で、好奇心をそそるような強いエナジーの源を持っているような人でもあったよ。指導者としても彼はとても最高で、いつも面白い洞察力を与えてくれていたんだ。僕が持ってるアイディアを一つ一つ明確にしてくれたし、本当に重要なことを見出してくれたんだ。それは、まるで砂金か何か宝物を見つけるような感覚に似てた。大きな鍋から砂金を見つけるために、必死で選別していくような感覚。少しアナログな表現ではあるけど(笑)とりあえず、いつも彼は素晴らしい人柄で積極的にサポートしてくれたよ。

Kelsey Brookes//hands from julian klincewicz on Vimeo.

■Gosha Rubchinskiyとはいつ出会ったの?何か共通点を感じることってある?
実はInstagramを通してGoshaに出逢ったんだ。たぶん1年くらい前だと思う。何回か話したり、メールしてるうちに、彼のパリでのコレクションA/W2015のバックステージの映像撮影に誘われたんだ。僕らは、自分たちのヴィジョンを作ることにただただ夢中なんだと思う。ヴィジョンが生まれたり、お互い身体的に感情やエナジーで現実を見ることに突き動かされるんだよね。

SPORT (Gosha Rubchinskiy X Julian Klincewicz) from julian klincewicz on Vimeo.

■原宿・ROCKETで去年個展を開いたよね。その時が初来日でもあったらしいけど、サンディエゴとなにか違う所ってあった?
実はその時が来日2回目だったんだ。初めて来日したのは一昨年の10月頃で、1週間滞在のチケットを買って。でも結局2ヶ月くらい滞在したね。東京は様々なエネルギーがある街で、そのエネルギーは僕の地元、サンディエゴとは真反対だよ。東京にいる人はどこかに行ったり、人と出逢ったり、なにか作ろうとしているように思えて、そういう所が好き。地元のサンディエゴは何もすることもないし、でもその分とてもリラックスできる。リラックスできることは、本当に最高なことだと思っているんだけど、個人的には忙しくしてることが好きなんだ。だからそういう意味で東京の街自体、いつも忙しい雰囲気で魅力的だよね。

■日本の大学に行きたいって言ってたくらいに日本が好きみたいだけど、魅力的なポイントは?
日本は最高だよ!!いまはベルリンかニューヨークの大学に行こうかなと思ってるんだけどね。
代々木公園が好き。1分で原宿の中心部にいけるし、5分くらいで広大な草原、池、木がある場所にいけるからね。人々がとてもオープンで、優しいんだ。僕にとっては、みんないつも面白くて一緒にいるのが楽しいよ。

スクリーンショット 2016-01-05 15.39.14

スクリーンショット 2016-01-05 15.41.37

■Julian自身もZINEでポエムを綴っていて、村上春樹の本を持っているそうだね。日本のカルチャーにも影響受けている?
村上春樹の本が本当に好きなんだ。「羊をめぐる冒険」が彼の書籍の中で一番好きだけど、結局全作品好き。東京滞在中は「スプートニクの恋人」を読んでいて、彼が描いている場所を現実でも感じられたのは、とてもいい体験だったと思う。サンディエゴで読んだ時は、青山という場所自体遠かったからね。
日本のカルチャーからは、時々影響を受けているよ。ROCKETで去年の4月展示を開催したんだけど、日本での展示ということに対して意識を置いていて。その意識にとてもインスパイアを受けた展示だったと思う。初めて日本に来た時に日本のカルチャーから一番印象を受けたのは、やっぱり村上春樹の文章だね。

スクリーンショット 2016-01-05 15.28.40

■サンディエゴのクリエイティブシーンはどんな感じ?
いまは、サンディエゴのノースパークにある自分のアパートメントの部屋とは別の場所で、仕事をしてるんだ。自分の仕事の大半が、ビデオをベースにしているから、ちゃんとしたのスタジオは必要ないよ。スタジオをすぐに見つけたいところではあるんだけどね。自分が作りたい新作は、フィジカルなものだからもうちょっとスペースが必要なんだ。

■最近のプロジェクトを教えて。
いくつかプロジェクトがあるんだけど。去年はDazed&Confused magazineで新作の映像を公開したよ。あとは地元のお店とスケート/アートの映像を作ってる。僕の友達、Theo JacobsonとはAltamont Clothingと協力して、新しい音源をリリースしたし、2冊のZINEも作ったね。1冊はロシアの写真を載せていて、もう1冊は雑誌や写真、文章、服、オブジェクト、音楽、映像など様々な要素が混ざった感じに仕上げたよ。

exit

◼︎どんな仕事に今後はチャレンジしてみたい?
織物の制作をしてみたいと思ってるよ。カーペットやブランケット、カーテン、テーブルクロスとして、使われているようなものに大きなテキストを入れたり。新しくて、今まで自分でやってきたことと違う作品制作に一番ワクワクするんだ。
あとは、ランウェイショーもやってみたいと思ってる。たぶん1シーズンとかの周期だけど、僕がデザインして、作った服をショーで発表してみたいんだ。今までに比べて、とてもアートのインスタレーションになり得ると思うから。

スクリーンショット 2016-01-05 15.49.54

————————————————————————–
■Please tell me your childhood life. What were you keen on?
I was born in Chicago  to Polish Hungarian parents, and lived there until I was 7, when my mother and my sister and I moved to San Diego. As a real little kid I loved climbing, we used to have these pillars and beams that ran up the walls and across the ceiling of our apartment in Chicago, that I would shimmy up, and then climb across. I’d climb every tree I could too.
when we moved to san diego, I started to Gymnastics for a year, and then Joined a circus where I did Unicycle, Tight-Wire, Trapeze, Juggling, and a bit of the Trampoline/Acrobatics stuff. I started Skateboarding when I was 10, and eventually stopped doing circus because I just wanted to skate all the time.

■You have continued skateboard since 10 years old. How does skateboard influence your life and your artwork?
Yeah, skateboarding was definitely the first thing I ever really loved to do. Skateboarding as a whole is a really creative field. Everything you do has to be creative to some degree- your style on a board, the artwork on your board, what spots you skate, how people photographs that spot, how the filmer films the trick etc etc. Recently I’ve been looking at skating in terms of dance- just the way peoples bodies move, and the motions they make. There’s always something new in skating to be inspired by. Mark Gonzales is a great example of skateboarding as a medium for art.

■You are not only videographer but also sometimes model, so you experience both side (videographer and object) in shooting. 
How does this experience influence your works?
Hahaha, it definitely makes me appreciate and respect both jobs a lot more than I would if i didn’t have the experience of doing both…
for modeling it’s sort of like anything else, you try to do your best and read what the other people’s needs are, and what their vision for the shoot is, and you do your best to help and collaborate.
As a videographer/photographer, I’m usually more interested in just filming people as they are normally, something very natural that lets you take a peek into who they are…
Modeling is definitely a little more difficult (emotionally) for me to do than filming though.

■Which video camera do you usually use? 
Right now I’ve been using four different VHS cameras, my favorite is made by Panasonic. I’ve also been collaborating on a project with a friend who has a Black Magic 4K camera. If I could get the budget, I’d love to shoot a film on 16mm or even 35mm… For now though it’s just VHS and 4K.

■I felt the object in your film is taken from the personal and close point of view and
that is so real and interesting. Do you have any consistent concept in your works?

Thanks! I think the best work that someone will make, is work that they are making from and for themselves. The work that you’re going to make even if you have no prospects of showing it, or no conformation that people are going to like it, but you still make it anyways- that’s going to be the best work. Usually when I film people, it’s people I’m really close to, and have a lot of personal connection with. There’s a few videos, like “Llune’m” and “Delonely” that I think are emotionally stronger than the rest, because they’re videos I made purely for me, because I had to make them to figure out exactly how I felt or I’d just feel too crazy… I guess the biggest theme is trying not to feel too lost or crazy.

■You were an assistant to Kelsey Brookes. What part of his character and artworks
influence you and your artwork?

I’ve been working for Kelsey on and off for the past two or so years… He’s great. He’s one of the nicest, most interesting/engaging people I’ve ever met, and has that sort of energy that can really draw you in and make you curios. As a mentor he’s great, he always gives really interesting insights, and will help walk me through ideas I have, to help figure out what about them is really important… kind of like panning for gold or something, where you have this big pan of sand, and then you sift through it to find the pieces of gold to hold on to. maybe that’s too corny haha. Anyways, he’s just a really great guy, and is very supportive.

■When did you meet Gosha? What common point do you feel you guys have?
I met Gosha through Instagram actually, probably about a year ago. We started talking and emailing back and forth a bit, and then he invited me to make the backstage video for his A/W2015 catwalk in Paris. I think we’re both just interested in creating our own visions, and we’re both very driven to make those visions happen, to see them in real life as physical things, as motion, as energy.

■It might be the first time for you to visit Japan when your exhibition was held in ROCKET.
What point was most different point from your location? 

The exhibition at ROCKET Gallery was my second trip to Japan. The first time I came was last October. I bought a ticket for a week, and ended up staying for two months. Tokyo just has a lot of energy, and that energy is just the complete opposite of San Diego’s. It seems like everyone has something to do in Tokyo- somewhere to go, someone to meet, something to make, I like that. Here in San Diego, there’s no sense that anybody has to do anything, it’s very relaxed. I’m sure for some people the relaxedness is really great, but I like to be busy, and it seems like Tokyo is always busy.

■I saw you want to go to the university in Japan and love Japan in some interview.
What is most attractive point of Japan?
Japan is great!! Now I’m thinking about maybe going to University in Berlin or New York though.
I love Yoyogi Park. How you can be in the heart of Harajuku one minute, and five minutes later be in the middle of big grass fields and ponds and trees. Generally people are much more open and much kinder too. To me it seems like everyone is always excited about something, which is nice to be around.

■You wrote poem in ZINE and also seem to have Haruki Murakami all books.
Does Japanese culture influence you? Since when?

I love Murikami’s books. A Wild Sheep Chase is my favorite by him, but I love all of them. I read Sputnik Sweetheart while i was staying in Tokyo, and that was great because it gave me real context for where the places in his writing are… Reading them in San Diego Aoyama is just some far off place, but all of sudden they all became real for me.
I think Japanese culture influences me sometimes. In the exhibition I showed with ROCKET Gallery last April, the presentation of it was definitely inspired by the emphasis put on presentation of objects in Japan. Prior to my first trip to Japan though, the most vivid reference points I had for Japanese culture came from Murikami’s writings.

■Please tell me the current creative situation of your place.
Right now I just work out of my room at my apartment in North Park- a neighbor hood in San Diego. Since the bulk of my work so far is video based, I haven’t needed a real studio. I’d like to get a studio soon though. The new work I want to make is physical, and needs a lot of space to be made. I’m thinking of moving to San Francisco in December, so hopefully I could have a room and a studio up there.

■Do you have any upcoming projects?
I have a couple projects coming up. I’m going to be doing a new video with Dazed magazine pretty soon, I’m working on a skate/art film for a local shop here in San Diego. I’m going to be releasing some new music in partnership with Altamont Clothing and my friend Theo Jacobson. I’m planning to release two Zines too – One with my Photos from Russia. The other will be sort of like a magazine, a mix of everything – photos, writing, clothing, objects, music, video, etc..

■What kind of things do you want to try to do from now?
I really want to make these tapestry weavings. Like big text based pieces that would work as Carpets or Blankets or Curtains or Table cloths or something. That’s what I’m most excited about trying to make- something totally new and different from what I’ve done before.
I also want to have a Runway show, maybe just one season or something. But a show where I would design and make all of the clothing for it. It’d be more of an art installation than anything else.

Interview and Text by Yoshiko Kurata