スクリーンショット-2012-11-19-22.03.46

世界各地から音楽と映像のトップ クリエイター約20組が参加し、最先端の「サウンド」と「ヴィジュアル」の可能性を提示するプロジェクト 『SOUND×VISION 2004(サウンド バイ ヴィジョン 2004)』の開催『SOUND×VISION 2004』は、世界各地から音楽と映像のトップクリエイター約20名が参加するプロジェクト です。新しい「音楽」と「映像」、さらに「デザイン」といったジャンルを横断する展覧会やライブイベント、 TV番組、そして世界のクリエイターによる音楽と映像を収録したオフィシャルパッケージの出版等により多面的 に構成されるものです。『サウンド バイ ヴィジョン 2004 SOUND×VISION 2004 』 最先端の音楽と映像のクリエイション全国4都市を縦断する64日間の「メディア・ハーモニー」[開催期間] 2004年 9月~12月(全国4都市・総会期64日間)
1. 大阪 グラフ メディア ジーエム 2004年 9月11日(土)~10月 3日(日)2. 仙台 せんだいメディアテーク 2004年10月 8日(金)~10月17日(日) 3. 山口 山口情報芸術センター 2004年11月 3日(水)~11月23日(火)
4. 東京 ラフォーレミュージアム原宿 2004年12月 3日(金)~12月12日(日)
[参加アーティスト]
◎音楽と映像のアーティストによるコラボレーション
コーネリアス(日本)× グルーヴィジョンズ(日本)
バッファロー・ドーター(日本)× 小谷元彦(日本)
ヤン・イエリネック(ドイツ) ×カール・クリーム [ディーンストステーレ/メゾ] (ドイツ)
ファンクストロング(ドイツ) × エンライトメント (日本)
パードン木村(日本)× 宇川直宏 (日本)
パトリック・パルシンガー (オーストリア)× マロック [ローダウン] (ドイツ)
◎音楽と映像の双方を手掛けるアーティストエスエヌディ(イギリス) レチェンツェントラム(ドイツ)
デクストロ (オーストリア)
アルバ・ノト a.k.a. カールステン・ニコライ(ドイツ)テルコシステムズ (オランダ)  他

主催 : サウンド バイ ヴィジョン 2004事務局(ガズアズインターフェイス株式会社内)共催 : graf せんだいメディアテーク 山口情報芸術センター協賛:BEAMS 他後援 : FM802(大阪開催) 他メディア協力 : Shift 他協力 :  SOUND&RECORDING MAGAZINEソニーコミュニケー ションネットワークコーポレーション 他

 

SXV1_1350 SXV2_1800 SXV3_241 SXV4_241 SXV5_241 SXV6_241 SXV7_494 SXV8_1200_high SXV9_611 SXV10_720