MICROFICTION 2018
Kenichiro Mizuno

日程
5月19日(土)〜6月3日(日)
開廊
12:00 – 19:00
休廊
5月27日(日)、毎週月曜日
※5月20日(日)、6月3日(日)は通常営業です。
オープニングレセプション
5月18日(金)
19:00~22:00

5/19(土)より作家・水野健一郎による3年ぶりの個展「MICROFICTION 2018」を開催致します。 水野は、既視感と未視感の狭間に存在する超時空感を求めて、自身の原風景の形成に多大な影響を与えたテレビアニメ の世界観を脳内で再構築し、多種多様な手法 – ドローイング、ペインティング、グラフィック、アニメーションなど – で アウトプットを行ってきました。それら作品たちは作家が影響を受けたテレビアニメのようにストーリー性を持ちながらも、 断片的に描かれる情景は常に「違和感」を引き起こします。 本展では、作家が自身の作品制作に改めて意識を向けながら、その先に生まれる作家独自の感覚 – 超時空感 を 形にした新作キャンバス作品を10点以上を発表します。またドローイング100点程が会場に並び、それら作品1点1点の断片を繋ぐ設定資料集も会場にて販売します。無数のドローイングをもとにした作品制作過程から着色された 新作まで、様々な視点から作家が超時空感を手に入れる瞬間をご覧ください。

─────────────────────────────

既視感と未視感の狭間には懐かしさも新しさも超越した感覚が存在していて、それを私は超時空感と呼んでます。その感覚を誘発するために、私はテレビアニメに夢中だった子供の頃の非芸術的意識を使います。例えば、実際にアニメ番組を制作するかのようにプロットから設定資料集まで作成し、「これはアートではない」と自分の脳を騙すのです。場合によっては動画も作ります。しかし完全に騙すことは不可能であり、何らかのエラーが起こります。超時空感はその瞬間に発生します。それをキャッチし、絵画の形でアウトプットできたらひとまず成功です。
− 水野健一郎

─────────────────────────────

水野健一郎の作品は常に、日本のアニメ黄金期であった70年代後半から80年代にかけての、もはや過去の産物となりつつ ある手書きアニメから着想し造作されている。
アートに疎い者にはいわゆるオタク的な印象を与えかねないが、実はそれを遥かに超越した次元のものと言えるだろう。
彼の高い技術はもちろんのこと、単純にオタクカルチャーとして括るには多面的で多層構造すぎるものである。 それはレトロフューチャーとでも言うべき、ノスタルジック且つ近未来的な世界観だ。
描かれるシーンや主人公には物語性が存在する。しかしこのナラティブは断片的で途切れ途切れなものであり、彼の 夢見心地なシュルレアリズム寄りの雰囲気はこれらに起因していると思われる。
彼はアニメの物質性やプロダクション観点、ビジュアルツール、創作の流れ、手書きの注釈やフレーム番号、さらには 穴の空いたアニメーションカメラ用の特殊紙、絵画技法など様々な要素や感情やらを掬い上げていっている。それは 鉛筆書きの細部までに渡る。(インクではなく鉛筆書き部分がアセテートのセル画に印刷された裏面に色付けが行われている。)
服と身体が一体化した不思議な顔ぶれが淡々と存在する絵。意識ある生き物達の会話中、行動中、変形中の切り取られた瞬間。
水野はしばしば景色が被写体に溶け込んだように描き、背景そのものが主体として表現している。アニメのように輪郭を 強調した描き方も特徴的だ。
これらのビジュアルツールで、水野は個体性と自然の天理が混在する実験的世界を創り上げている。まるで意識と物質性が 渦巻くフィボナッチ数列かのように。
なによりも特筆すべきは、作られる必要のなかった映画の一コマのような瞬間を捉えたこれら一枚一枚の静止画を千も 並べれば、一つの動画になる(またはなり得る)。それは「聖なるセル画」の域に達するものだ。
これぞ正真正銘、コミック・アブストラクションと断言できよう。
– Russell Maurice / GASIUS (訳:Daniel González)

水野健一郎(Kenichiro Mizuno)
1967年生まれ。岐阜県出身。東京都在住。鳥取大学工学部社会開発システム工学科中退。セツ・モードセ ミナー卒業。既視感と未視感の狭間に存在する超時空感を求めて、自身の原風景の形成に大きな影響を与えたテレビアニメの世界観を脳内で再構築し、ドローイング、ペインティング、グラフィック、アニメーションなど、多様な手法でアウトプット。映像チーム「超常現象」、美術ユニット「最高記念室」としても活動。美学校「絵と美と画と術」講師、 東北芸術工科大学映像学科非常勤講師、女子美術大学非常勤講師。
マイファイ(仮) http://kenichiromizuno.blogspot.jp/

MICROFICTION 2018
Kenichiro Mizuno

IMG_4071
Date
5.19(Sat)〜6.3(Sun)
Time
12:00 – 19:00
Closed
5.27(Sun)、Every Monday
※ Open:5.20(Sun),6.3(Sun)
Opening Reception
5.18(Fri)
19:00~22:00

The liminal chasm separating déjà vu and Jamais vu – those uncanny experiences of familiarity and unfamiliarity – is host to a peculiar sensation that transcends both nostalgia and novelty. For lack of a better term, I have dubbed this sensation “super-saptio-temporality,” an elevated perception beyond the fetters of space and time. However, this trance state is elusive, and must be induced by returning to the decidedly unartistic consciousness of my childhood spent engrossed in the anime ubiquitous on Japanese television. I imagine that I am the creator of my own anime series for broadcast, fastidiously crafting a world of plotlines, replete with detailed reference materials. All the while, I deceive my brain with the mantra, “This is not art.” Sometimes, I even make videos. Yet it’s impossible to completely fall for my own rouse, and I encounter a neural short-circuit. It is precisely these moments of cognitive dissonance that produce a feeling of super-spatio-temporality. All too fleeting, I must act quickly. If I manage to capture the experience on paper, then for the time being, that counts as a victory.

ー Kenichiro Mizuno (Translation : Daniel González)

————————————–

Kenichiro Mizuno’s work is always referencing an at best, dying artform… the hand drawn cartoon, and more specifically Japanese Anime, and even more specifically the golden era of late 1970’s to 80’s Japanese Animation.

From an outsider’s view… Mizuno’s work would possibly be classed as otaku, but it is way beyond and into the beyond. This is not Otaku, this is multifaceted and multi leveled art, showing highly skilled draftsmanship and creating a world that is nostalgic yet discussing a possible future, a retro future. The scenes he creates and the characters that live within them are narrative, but a disjointed narrative, sometimes surreal and dreamlike.

Mizuno takes the elements and feeling, not just of this specific animation but the production of this animation, the materiality of it, the visual tools, the language of process, hand written notations and sequence numbers, the special paper with holes set for camera braces, the drawing and painting techniques… capturing even the smallest detail of pencil lines not ink (which where originally photocopied onto the acetate cel and colored on reverse). The character reference guides that look like a Police line up of weird sculptural creatures and beings, their clothes merging into their bodies. Sentient beings in mid movement, mid metamorphosis, mid conversation. He uses animation view points and captures the landscape in a way that often makes the background into the subject. Always all with an outline.

And with all these visual tools, he has built a universe where solidity and natural law are often mixed up, a space of experimentation, morphing physicality and consciousness in a fibonacci spiral.

Most importantly these still images that show the frozen moment, that would (or could) create animated movement if combined with a thousand more.

Each only one frame from a movie that will never be seen, that doesn’t need to be made. The holy cel.

Mizuno’s work is definitely Comic Abstraction.

ー Russell Maurice

Kenichiro Mizuno
Born in Gifu prefecture in 1967, now a Tokyo resident Minuzo dropped out Department of Social Development System Engineering, Faculty of Engineering at University of Tottori and graduated from Setsu Mode Seminar. In pursuit of a sense of super-spatiotemporal that exists between déjà vu and jamais vu, he reconstructs in his head the world of TV animation that remains as an origin of his perspective, outputting creation in wide arrays of methods such as drawings, paintings, graphics, animation and so on. He also participates in a video production team Chojo Gensho [Supernatural Phenomenon] and an art unit Saiko Kinenshitsu [Supreme Memorial Room.] He teaches Paintings, Beauty, Pictures, and Manners at Bigakko [Tokyo’s school for movies and art.] He is a part-time lecturer at Visual Media Dep’t, Tohoku University of Art and Design.
His blog Mai Fai (working title)is : http://kenichiromizuno.blogspot.jp/