ガスアズインターフェイス株式会社が運営するCALM & PUNK GALLERYにて、ドイツ人アーティスト カロリン・ロバートの個展 ” TROPICANA” を開催いたします。カロリンの作品展示は2014年の “LOST” 展 以来3回目となります。
main_image_low
日程
4月14日(土) – 4月29日(日)
開廊
12:00 – 19:00
休廊
日曜日、月曜日
オープニングレセプション
4月13日(金)
19:00~22:00

本展では、会場全体を使い、彼女のアイロニカルでハッピーな作風を活かしたトロピカルな世界を表現します。 すでに人間の時代がおわり、植物と動物たちが引き継いだのんびりとしたパラダイスが広がります。まるでジャングルに来たかのように、植物と動物のパターンが横幅3M~5Mの各壁を覆います。ジャングルの隙間 からは、人間の象徴として世界各国の建物のモチーフが垣間見え、その中には東京の名所も描かれます。
日々の雑踏から離れて、彼女が描くトロピカルなユートピアを是非存分に感じてみてください。

〈ステイトメント〉
猿たちは楽園の目のくらむように美しい木の上でのんびりしている。チーターは駐車禁止区域に居座っている。人間の時代は終わり、植物と動物が引き継いだ世界では、人間の所有物はコケやシダに覆われ見えなくなり、朽ちてゆく。ティランジアやエピファイトやランが青々と茂った肥沃な理想郷が生まれてゆく。パラダイスへようこそ!トロピカーナへようこそ!

Carolin Löbbert
ハンブルグ応用科学大学にてイラストレーションとグラフィックデザインを学ぶ。2008年卒業後は、ベルリン、アントワープ、東京など世界各国で精力的に個展開催やグループ展に参加し、様々な雑誌や選集にも作品掲載を行う。アーティストコレクティブ・Springのメンバーでもあり、2015年には共同著者・Marcus Lucasと作品集「Ice Ice Baby」を出版。フリーランスのイラストレーター、そしてグラフィックデザイナーとして国内外問わず幅広く活動している。
http://www.carolinloebbert.de/