ryo_p.gif
絵を描く。
色と線によってただただ美しさと遊ぶ。
描く事をシンプルに続けながら、
独りでは創り上げられない遊びや創作との出会いを続けている。
刺繍での作品なども発表。
『SOUMA*走馬』(島田大介+AKEBOSHI+松岡亮)では映像と音と絵の
会話を楽しむ。PAUL AUSTERの詩集「壁の文字」の表紙画制作。
L’ECLAIREUR(Paris), pop-comm(BERLIN)でのpaint + exhibitionなど
国内外を問わず活動を続ける。
「彼は街の中の感覚や感情を見えるようにする人だ」(L’ECLAIREUR)
http://www.ryoart.com/