SHOHEI TAKASAKIの頭の中を探る。
Looking inside the mind of SHOHEI TAKSAKI.

三年前の個展やその他のいろいろな作家活動を経て、また大きく成長したSHOHEI TAKASAKIの新しい挑戦を探るべく、彼が今度、渋谷Space Edgeで行う個展に向けて作業をしているという某スタジオへ向かった。都会の喧騒から1時間程離れた所にある巨大なウェアハウス。その中で、膨大な数の作品を辺り一面に並べて作業するSHOHEI TAKASAKIは今までもこれからも変わらず作家として表現を見つめていく姿勢を心に凛とたたずんでいた。

To check out the new big challenge SHOHEI TAKASAKI is taking on since his last exhibition 3 years ago and many projects later, I visited a massive studio located about an hour away from the city, where he is working on his solo up coming exhibition. Inside I found the artist working in front of his vast artworks, embracing a posture of an artist who will always, now and forever be gazing at his works in the same manner.

今回の展示では、ここ数年の自分の作品をアーカイブ展として発表するそうだ。
沢山の作品を同時進行で作製しながら、一つ一つの作品の構成を頭の中で整理してい
るSHOHEI TAKASAKI。そこには彼の破壊と創造、戸惑いと挑戦が入り混じっている。

For this exhibition, SHOHEI TAKASAKI tells me that he is going to present his works from the past several years in an archival fashion. Working on many projects simultaneously, he organizes the composition for each of the artwork in his head.  There, destruction and creativity, hesitation and challenge all get mixedup.


*彫刻など、新しい表現が沢山でてきているようだけれど
そこは自分で意識していますか?

*You seem to be finding new methods for your creative output recently such as sculpture. Is that a conscious choice?

表現するアウトプットの仕方が違うだけで絵をかくのも彫刻を作るのも自分にとって
は一緒。その作り方のプロセスがメディアによって違うだけで僕にとって向かう姿勢
は変わらない。
船で海を航海する時に、どっちに行くかわからないけれど、地図に島があったらこっ
ちに行ってみようという判断を人間はするよね。極端な話、キャンバスの絵を描く時
も彫刻をする時も僕にとってはその連続。そうゆうテンションでキャンバスや木材に
向かっている。作品の中には、ある程度の地図はあるのだけれど、敢えて地図にそら
ないで挑戦したりもする。

Even though painting and sculpting are different outputs of creativity, they are the same thing for me. When you sail out to the ocean you don’t know which direction to go, but if you see an Island you would try to head there, right? It’s a series of those decisions for me, either when I’m painting or sculpting. I stand in front of the canvas and the wood blocks with that same feeling. There are some works where I challenge the unknown intentionally though, even if a general map exists.

*彫刻のシリーズにチャレンジしてみようと考えたきっかけはどこにあったのですか?紙やキャンバスという枠の外にチャレンジしてみたいと思ったのですか?

*What was the catalyst which made you challenge the sculpture series? Did you want to try something outside of the boundaries of paper and canvas?

きっかけは二つあった。ここ何年かずっと描き続けている人間の裸を平面で
作ってきたのだけれど、平面で出来る事と立体で出来る事の違いが立体を作っていく
上で見えてきた。見る角度によって全く違うものが見える立体の表現が面白いと思っ
た。僕が平面で表現する時は、見る角度によって違うものをばらして平面にのせてい
くという作業をしている。でも、実際に自分が動かないと見えない表現が立体の作品
つくりの中には隠れている。そこにチャレンジしてみたいと考えた。

There were two catalysts. I’ve been drawing the human body for the past several years on a flat surface, and began to see the differences in what you can do in flat space and what you can do in a three-dimensional space. I took interest in the three-dimensional form where the object looks different according to the angle you look at it. When I express myself on a flat canvas, I take things that look different from different angles, take them apart and place it onto the flat surface. But with three-dimensional work, there are hidden expressions you can only see when you actually physically move. I wanted to challenge myself to that.

もう一個は、エキシビジョンや展示会でしか作品がみれないという事ではなく、公園
とか駅とかパブリックなスペースに作品を置きたいと考えていた。そのプロセスの一
個で立体の制作は始まった。

The other thing that made me want to do sculpture is the fact that I wanted to put my work somewhere public, like train stations or parks so that it wasn’t something you could only see exclusively at exhibitions or galleries. The sculpture project began as a part of that process.

*立体の作品を作るようになって、平面の作品に立体の要素が入ってきているように
思うのだけれども、そこは意識してつくっていますか。例えば、日記シリーズの作品
について聞きます。この作品に立体の影響というのが大きくでているように思いま
す。そこには今回自分の中で新しく出てきた表現みたいなものがあると思いますか?

*Since you started working on sculptures, I see more three-dimensional aspects in your two-dimensional work, but are you consciously doing that? For example, I see it come through a lot in your diary series. Do you feel that it is a new form of an expression for you?

間違いなくあるね。ある意味リンクしてこないと駄目だと思って作っている。

For sure. I think that you got to start linking things in your creation otherwise it’s no good.

*日記シリーズは、このエキシビジョンに限らずやっていこうと決めたシリーズなんだと思いますが、毎日作ろうと決めたのは何かありますか?

*I think the diary series is probably something you decided to do irrelevant to the exhibition, but is there a reason why you wanted to do something everyday?

でも、基本的な僕のマインドは、エキシビジョンの為に何かを作ると言う事ではな
い。アーティストの姿勢として。恐らく、どんな作家も同じだと思う。今回、エキシ
ビジョンをする事になって、新作も出すけれど僕はここ数年で自分のライフワークの
中でてきたものを見せようと考えている。このエキシビジョンの為に作った作品は全
体の中でも凄く少ない。日記のシリーズも勿論そう。

But basically, in my mind, I don’t make something for exhibitions. It’s my stance as an artist. I think all artists are like that. When the idea for this exhibition came up I planned to show my works from the past several years as my life work on top of some new works. There’s only a very few pieces I actually made for this exhibition. It was the same with the diary series.

*日記シリーズは、ここに何十枚もあるのに『これは5枚しか見せない。』といった
風に、自分がこれを見せていこうと頭の中でキュレーションしている所がありますよ
ね。それは、自らが編集者になりながら作業しているように聞こえます。膨大な数の
作品と向かい合ってその中からSHOHEI TAKASAKIが渾身の思いを込めて選んだ作品が
見れる本展で私は楽しみです。。

*The diary series consist of many many pages as I see it here in front of me. In a sense though, you are curating in your head saying “I shall only show these five” selecting a few out of all the pages. To me, that sounds like you are being your own editor as you work on your artwork. I am really looking forward to seeing the works selected by SHOHEI TAKASAKI the artist himself, amongst the vast collection of his works…

アートって大げさな意味じゃなくその作家の人生だとしたら、作品をエキシビジョン
だったりパブリックな場所でプレゼンテーションするのって長い人生における節目み
たいなもので、要するに通過点だと思う。どこかにむかっているプロセスの一個なの
だと最近思う。今、僕が向かっているのはここで、3年後には全く違う表現になって
いるかもしれないし一緒かもしれない。ひょっとしたら平面をやっていないかもしれ
ない。絵本を作っているだけかもしれない。連続していく人生の中の1ページ。

If art is the artists life path, presenting your work in an exhibition or a public space is like a milestone, a passing point in life. I think that it is a part of a process for heading towards something. Where I am aiming towards might be here right now, but it might be a totally different expression in three years, or the same. I might no longer do two- dimensional work. I might be making children’s books. Either way, it is 1 page from the continuing book of life.

*この作品を作っていた中で苦しかった事はありますか?
*Did you suffer at all working on this?

苦しいのは、いつもだよ。しょっちゅう、挫折しそうになる。僕は、同時進行に沢山
の作品を作るスタイルを貫いている。絵というのは一回描いたら戻れない。また潰し
て描くことはできるけれど、テクスチャーが変わったりするから、絶対にコマンド・
Zできない。割と僕は自分の感情で描くスタイルなのだけれど、『全く自分の納得い
くものでない』というものや、『凄く気に入ったところまで描けたのだけれど未だ仕
上がりじゃない』というようなぎりぎりのボーダーラインに立つ時がある。その時
に、非常に怖くなる。その時は、次の一手で圧倒的なものになるのか逆戻りになるの
かという選択を強いられる時だからだ。一つのキャンバスに向かっていて自分的に納
得いかず挫折しそうになっている時、隣に別の作品があって自分的に納得いったもの
になっていると救われる気がしている。駄目だと思ったものも、時間を置いて違う気
持ちで向かうと違う視点が見えてくる。僕は、その繰り返しの作業をしている。それ
が、時には1日かもしれないし1年かもしれないし10年かもしれない。

I suffer all the time. I come close to giving up all the time. I like to work on different projects simultaneously. With drawings or paintings, once you draw it you can’t undo it. You can paint over it but the texture will changes. No command Z. I paint with emotions, it’s just my style, and sometimes I hit the edge where I would look at the work in front of me and feel that it is completely unacceptable or find that ‘I really like what I did but it’s not done yet’. Those times really scare me. Because those moments are the moments when just one move can make the work something incredible or the opposite of that. When I am in front of one canvas almost giving up, if there is another canvas next to me that I am satisfied with I feel saved. The ones that I was giving up on show a different perspective when I take another look with a new feeling after giving it some time. That is what I keep repeating in my work. Sometimes it may be a day, a year or 10 years.

*大きなキャンバスって絵描きにとっては紙に向かって描いている時とアプローチが
違うように思います。次の一手の重みが違うというか、緊張感があるように思いました。

*It seems like a big canvas is different from paper for A painter in terms of the approach, like there is more weight on each move you make, more serious.

勿論、違うよね。キャンバスの前ではどうしても慎重になる。でも、だからこその面
白さとか良さがキャンバスと紙とか、色んな素材にはそれぞれ別にある。でも、自分の中で出てくるものは同じ位のボリュームだったりする。

Yeah for sure. You always become more cautious in front of a canvas. But that is also the reason why there are so many different great things about different materials. What is coming out of you is probably the same though.

*今回、紙とキャンバスのそれぞれの作品の中でそれぞれ異なった精密さがでている
ように思う。コントロールしてないように見えてコントロールしている部分や、コン
トロールしているように見えてコントロールしないで反復的に描いているものがあり
とあらゆる所に拡散しているように思う。それが、今作家として描きたいと考えてい
る体の動きや人間の皺を表現する際にも影響していますよね。

*I see different types of precision between your work on canvas and paper. I see parts that seems like it is not controlled but are actually controlled and parts that seem controlled but are not but actually drawn with repetition. Doesn’t it affect you as an artist when you want to express the human movements and skin?

空とか空気とかそうゆうものを描いてみたいと考えている時と、描いている人間の実
際にある体のシェイプの二種類の表現が入り混じっているからかもしれない。ひょっ
としたら、そこがコントロールされている様に見える所かもしれない。

Maybe because two types of expression is merging -the times when I want to draw the sky and the air and stuff, and the actual shape of the human body I am drawing. That could be the part that looks controlled.

*ブラシではなく、手で素材を触って作っているものがあるからそこの表現がまた新しいレイヤーを作っているように見えますよね。

*There are some things painted by the touch of hand instead by a brush so that also looks like a new layer too.

色々な素材にチャレンジしている。絵の具一個にしても。
そこらへんも今回のエキシビジョンの見どころ。

I’m trying different materials. Even paint.
That should be a good thing to look out this exhibition.

*Thank you all and we look forward to seeing you in the exhibition!!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

渋谷スペースエッジにて、8月31日から9月2日の3日間限定で開催されるSHOHEI TAKANSAKI 展覧会 ‘FEW COLORS IN THE DARK’の情報

Detail information about the solo-show of SHOHEI TAKASAKI which will be held between 31st of August till 2nd of September “FEW COLORS IN THE DARK”.

SHOHEI TAKASAKI Exhibition in Tokyo 2012
“FEW COLORS IN THE DARK”

会場:渋谷Space Edge 渋谷区渋谷3-26-17
会期:2012年8月31日(金)、2012年9月1日(土)、2012年9月2日(日) 12:00 – 20:00
*限定3日のみの開催
オープニング・レセプション:2012年8月31日(金) 18:00 – 21:00

http://www.shoheitakasaki.net

sponsored by (A-Z)
CHIGO / DO BE COMPANY / en one tokyo / GAS AS INTERFACE / THOMAS INC.

——————————————————————-

ABOUT SHOHEI TAKASAKI

ペインター/アーティストとして東京をベースに活動してきた
ファイン・アーティストSHOHEI TAKASAKIによる約4年ぶりとなる
エキシビションを開催します。場所は渋谷のSPACE EDGEという巨大な倉庫。
前回の個展「splithead」で見せた、サイケデリックな色彩と強烈なタッチで
出現した様々なモチーフたち。そこから発展、掘り下げていった世界観を
今回「FEW COLORS IN THE DARK」にて発表します。
ここ数年取り組んでいる「人間」「人 対 人」「コミュニケイション」という
モチーフは、作家自身のとても個人的な問題でありながら
また誰にとっても、どこまでも壮大なテーマと言えます。
人と人との間で起こりえる、いろいろな目に見えない感情を
画面に残すことによって掘り出される圧倒的な「美」を、表現します。

——————————————————————-

All Photo by Yosuke Torii