ガスアズインターフェイスが2006-07 A/Wより始めたファッションブランド「20,000,000 fragments〈トゥエンティミリオンフラグメンツ〉」の2007 S/Sコレクションの展示会が始まりました。様々な分野で創造の挑戦を続け、その表現の枠を拡張する事にポジティブに取り組んでいるクリエイターたちにHOMMAGE〈オマージュ〉というテーマを掲げ、新たな表現の場を提供しています。
2006-07の1年間を通してのテーマはテキスタイルデザイナーのMALHIA KENT。MALHIA KENTはCHANELに1920年代からツイード生地を供給していました。今シーズンはその関わりの深いCHANELをクローズアップし、ナチュラルな素材を軸に展開していきます。クラシックでありながら、丸みのあるフォルムや華奢なシルエットなどが際立つコレクションとなっています。
また今シーズンからメンズラインもスタート。細かいディテールにこだわった、流行にとらわれないレイヤードスタイルを提案します。
取扱店舗:Changes UNITED ARROWS、Re-Style 伊勢丹新宿店、DEUXIEME CLASSE、Adam et Rope、松屋銀座

The fashion brand started by Gas As Interface from 2006-07 A/W, 20,000,000 fragments has began its exhibition for the 2007 S/S collection. Under the conceptual theme, to pay HOMAGE to creators who make a positive effort to expand their boundaries and continue to challenge their creation in various fields, the brand provides grounds for new creative expressions for artists.
The continuing theme for 2006-07 is the textile designer, MALHIA KENT, known for providing the famous tweed for CHANEL during the 1920’s. This season, 20,000,000 fragments closes up on CHANEL and centers its design around natural fabrics, resulting in a collection that is classic yet with round forms and delicate silhouettes.
From this season, the men’s line has also started. The men’s line is designed with fine details suggests layered style that is not swayed by trends.
Handling stores: Changes UNITED ARROWS、Re-Style ISETAN Shinjuku、DEUXIEME CLASSE、Adam et Rope、MATSUZAKAYA Ginza