— Atmosphere interviewed Mayumi Hosokura who is participating in a group exhibition featuring 5 female photographs in Japan, ‘POV FEMALE Tokyo‘ held at CALM & PUNK GALLERY.
— アトモスフィアでは今回、CALM & PUNK GALLERYにて開催されている、女性フォトグラファー5名によるグループ展’POV FEMALE Tokyo‘に参加している細倉真弓さんにインタヴューを行いました。


「KAZAN」published by artbeat publisher

1 / 細倉真弓とは?自己紹介をお願い致します。
細倉真弓です。1979年、京都生まれ。最近artbeat publisherから「KAZAN」という写真集が出ました。
1 / Mayumi Hosokura, please introduce yourself.
My name is Mayu Hosokawa.  I was born in 1979 in Kyoto.  My photo book titled KAZAN was recently released from artbeat publisher.


「KAZAN」published by artbeat publisher

2 / いつから写真撮影を始めましたか? また、そのキッカケは?
高校生くらいの時にちょうどガーリー写真ブームがあって、なんだか写真ってかっこいいらしいよみたいなミーハーなノリではじめました。
2 / When did you start photography? What made you start?
There was this girly photograph trend that was going on when I was in high school, and I though photos are cool and started just for that.


「KAZAN」published by artbeat publisher

3 / 今までの活動で最も印象に残っている被写体や写真に収めた出来事、風景を三つ教えてください。
撮影しているときは平凡な出来事でも、写真になってみるととても良い時があって、そのギャップが大きいほど個人的には印象に残っています。
500円で買った黄鉄鉱 という鉱物や、急いで撮って何も覚えていなかった友人の友人や、旅行の途中のパーキングエリアにあった木とか。そんな感じなので人に話してもあまり同意は得られません。
3 / What were the 3 most impressionistic person or an incident or a scenery that you have ever photographed?
It always leaves me an impression when I find something really good after developing a photo, which at the time of the shoot was just felt ordinary. They are things like the mineral that I bought for 500 yen, the friend of a friend I took in a hurry and didn’t remember about and a parking lot I found during my travels, and so people don’t relate to it too much.


「KAZAN」published by artbeat publisher

4 / 自身のフォトグラファーとしての活動の中で最も気持ちがいい瞬間を教えてください。
昔はフィルムがあがってきてはじめてイメージを見る瞬間でしたが、今はまだ作っていない作品のイメージを思い描いているときが一番わくわくして気持ちがいいです。
実際に動き出すのはなかなか億劫なのでいつもぐずぐずしてしまうんですが、動き出して勢いに乗って自動的に撮影しているみたいな状態になった時も、気持ちいいですね。撮影マシーンみたいな。
4 / What is the best feeling you get as a photographer.
I used to love that moment of looking at the developed photo for the first time, but now I feel most excited when I am imagining the piece I’ve yet to create. I’m lazy and it takes time for me to start things, but I love it when things start to roll and it becomes like I’m taking photos automatically, like a photographer machine or something.

5 / 被写体や、その環境は日常の中から見つけ出しますか? もしくは特別に作り出す物でしょうか?
日常のなかからアイデアは見つけますが、撮影することは日常ではなくて非日常的なものなんじゃないかと思っています。
5 / Do you find your subjects for your photography in everyday life, or do you create something for it?
I find ideas from everyday life, but I feel like I shoot unordinary things rather than everyday things.


「UNKNOWN SIGNALS」 published by oodee

6 / あなたにとって、写真とは?
写真は純粋に楽しみとしてです。
6 / What is photograph to you?
Photos are pure pleasure for me.

7 / 写真家としての醍醐味は?
写真をやっていなければ会えなかった人に会えるし、行けない所に行ける。
でもそれ以上に写真のことを考えて一生過ごせるかと思うと死ぬまでヒマしないこと。
7 / What is the best thing about being a photographer?
Meeting people you would never meet if you were not a photographer and getting to go places. But more than that, to have so much thought about photography that I think I might never ever be bored in my life.

8 / この1週間で一番笑った瞬間は?
昨日10年ぶりにパルプフィクションを見たら、おもしろすぎてずっと笑ってました。
8 / What was the funniest moment for you this week?
I watched Pulp Fiction for the first time in 10 years and laughed so much.


「UNKNOWN SIGNALS」 published by oodee

9 / 今回の’POV FEMALE Tokyo‘では、フランス人のアートディレクターがキュレーションし、グループ展が行われ、写真集も出版されましたが、この企画はあなたにとって、どのような挑戦となりましたか?
お話を頂いたとき既に自分の写真集一冊と別のzineの発行と同時並行で作業していてちょっとお腹いっぱいなかんじだったんです。でもせっかくだからやりたいなと思いました。
それにいつも撮っているシリーズでまた出しても面白くないし、どうせならいままでやっていないシリーズでやろうと思いました。時間も2ヶ月くらいしかなかったのでバタバタしてしまいましたが個人的には気に入っています。
9 / The POV Female project is curated by an French art director to create a photography book and hold a n exhibition. Were there any challenges that you faced?
When I got the offer for this collaboration, I was already working on my own photo book and a zine at the same time and felt that it was a bit too much.  But it was an opportunity which I wanted to take.  Plus I thought that it would not be fun to do what I normally do, so I decided to do a new series.  We only had about two months so it was quite hectic, but I personally like the outcome.


「UNKNOWN SIGNALS」 published by oodee

10 / 今後、写真家としてどのような挑戦をされたいですか?
海外で個展やりたいです!あとは2年に一回くらい写真集を出せていけたら素敵だなーとおもっています。
10 / What sort of challenges would you like to take on in the future as a photographer?
I want to do a exhibitions overseas!  And if I can put out a book once every two years or so, that would be so nice too.

11 / あなたのワークスペースを見せて下さい!!
仲間でマンションの一室を暗室にしています。
11 / Please show your workspace!!
I’m using apartment room as a darkroom with my friends.