— Atmosphere interviewed Mari Kojima who is participating in a group exhibition featuring 5 female photographs in Japan, ‘POV FEMALE Tokyo‘ held at CALM & PUNK GALLERY.
— アトモスフィアでは今回、CALM & PUNK GALLERYにて開催されている、女性フォトグラファー5名によるグループ展’POV FEMALE Tokyo‘に参加している小嶋 真理さんにインタヴューを行いました。

1 / 小嶋 真理とは?自己紹介をお願い致します。
小嶋真理と申します。出身は島根です。写真を取ったり、普通の会社員だったりします。
1 / Mari Kojima, please introduce yourself.
My name is Mari Kojima. I come from Shimane prefecture. I take photos and am employed in a company too.

2 / いつから写真撮影を始めましたか? また、そのキッカケは?
シカゴにある美大に通っていて、その時必須科目だった白黒写真の授業を取った際に
一眼レフカメラを初めて買ったのが写真を撮り始める最初のきっかけとなりました。
授業では基本的な写真撮影のノウハウ、現像方法などを学びました。
でも、その授業は1学期間のみで、その後卒業するまではずっと洋服作りに
没頭していたので写真のことはすっかり忘れてしまってました。
卒業後、就職したけど仕事を辞めたり両親が癌になったりと色々あって日本に
帰国し、2008年に友人のパトリック・ツァイという写真家からオリンパスのMju-IIを
もらったのがきっかけとなり、また写真を撮り始めるようになりました。
コンセプトを決めて時間をかけ細かくチマチマとモノを造り上げていくという
服作りの作業に慣れてしまっていたので、コンパクトカメラを使って感情や刹那を
一瞬でツルンとフィルムに落とし込むという動作は、すごく新鮮に感じました。
2 / When did you start photography? What made you start?
When I was attending an art school in Chicago, one of the requirement courses was black and white photography. I bought a single ref camera for it and that was when I started photography. I learned the basics of photography and how to develop prints in this class but it was only a semester long, plus I concentrated on fashion design until graduation so I completely forgot about photography. After graduation I stared working but quit and one of my parent got cancer so I returned to Japan, and in 2008, I was given a Mju-II, an Olympus camera from a photographer friend of mine named Patric Tzai and started to take photos again. Since I was so used to the long, meticulous work involved in clothes making, where you first decide on a concept and then create the pieces carefully with your hands, the instant, emotional way a photograph is taken was very refreshing to me.


「SEA SICK」 published by oodee

3 / 今までの活動で最も印象に残っている被写体や写真に収めた出来事、風景を三つ教えてください。
藤沢に行った時、鳥の大群が駅の周りを飛んでいたところを収めた時でしょうか。
大量の鳥が群れをなして駅の周りをグルグル飛び回っていて、ヒッチコックの映画
『鳥』のようでした。私一人の力では到底かなわない大群のエネルギーというのには
恐怖を感じてしまいました。他にも印象的な場面は色々あるけれど上手く面白く説明
できないので割愛させていただきます、、、、大変申し訳ないです、、、、
3 / What were the 3 most impressionistic person or an incident or a scenery that you have ever photographed?
Perhaps the time when I went to Fujisawa and shot these birds circling around the station. A massive flock of birds were circling around and around the station, reminding me of a scene from Alfred Hitchcock’s film The Bird. I event felt fear under the massive energy of the birds.
There are many other interesting scenarios but I can’t explain them in a creative fun way so please excuse me…..I’m very sorry…..

4 / 自身のフォトグラファーとしての活動の中で最も気持ちがいい瞬間を教えてください。
自分の目で見たもの、自分の感じたことと、フィルターを通して写したものが
ブレなく捕えれた時はすごく気持ちがいいです。
4 / What is the best feeling you get as a photographer.
When I precisely capture what I saw and felt onto the film through the filter.


「SEA SICK」 published by oodee

5 / 被写体や、その環境は日常の中から見つけ出しますか? もしくは特別に作り出す物でしょうか?
日常の中から見つけ出します。コンセプトのある作品も作ってみたいけれど
日々のおバカな発見や閃きのほうが、私のオバカな頭の中で
考えて考えて苦し紛れに出てきたコンセプトより面白い気がします。
5 / Do you find your subjects for your photography in everyday life, or do you create something for it?
I find my subjects in my everyday life. I would like to create works with concepts as well, but I think the silly little discoveries and inspirations I get from my daily life are more interesting than a concept I squeeze out of my silly little head.

6 / あなたにとって、写真とは?
私にとって、写真とは感情だと思います。
6 / What is photograph to you?
I think photography to me is, emotion.


「SEA SICK」 published by oodee

7 / 写真家としての醍醐味は?
友達に、ちょっとここで写真取りたいから上半身裸になってみてよと言ったら本当に
脱いでくれるようになったことでしょうか。
7 / What is the best thing about being a photographer?
Maybe the fact that I can ask a friend to disrobe a little so that I can photograph them and they really do now that I am photographer.

8 / この1週間で一番笑った瞬間は?
この一週間で笑えたのは、ラーテルの生体のドキュメンタリーを
見たときでしょうか。
コブラを食べて猛毒を喰らい意識を失うけど数時間後にはビンビンに
蘇る奇跡の生き物です。
8 / What was the funniest moment for you this week?
I laughed the most this week when I watched this documentary film about the biology of Ratels. It’s about this miraculous animal who eat cobras and get poisoned and passes out but wakes up in few hours and is completely fine and vibrant again.

9 / 今回の’POV FEMALE Tokyo‘では、フランス人のアートディレクターがキュレーションし、グループ展が行われ、写真集も出版されましたが、この企画はあなたにとって、どのような挑戦となりましたか?
今まで撮ったものの流れをもう一度見直して、何を考え、何を感じ、何を写した
かったのかをきちんと自己分析する機会を与えてくれるものとなりました。
そして流石やり手のアートディレクターのoodee代表者ダミアン、レイアウトや写真の順番を決めるにあたり写真の意図を汲み取るのがとても上手でした。
9 / The POV Female project is curated by an French art director to create a photography book and hold a n exhibition. Were there any challenges that you faced?
This project give me the opportunity to go through all the photos I have taken to do a self-analysis about what I was thinking, feeling and what it was that I wanted to shoot.
Super talented Damien, the representative art director of oodee, was excellent in reading the intentions and the feel of my photos when creating the layout and deciding the order of the photos for our book.


「SEA SICK」 published by oodee

10 / 今後、写真家としてどのような挑戦をされたいですか?
現在、私の友達を巻き込んで、エゴとブレがあぶり出されるようなプロジェクトを
稼働中です。それと、イケてないファッション系の撮影をしてみたいです。
10 / What sort of challenges would you like to take on in the future as a photographer?
I am working with my friend on a project that is going to be all about ego and misunde
I also want to do a shooting session of super un-cool fashion.

11 / あなたのワークスペースを見せて下さい!!
実は写真がなくて、、、申し訳ないです!!ワークスペースは私の部屋で
デスク一つとローテーブルで編集などの作業、そしてベッドの上に白い布を敷いて
プリントにホコリがつかないように作業というのが主流でございます。
11 / Please show your workspace!!
Actually I don’t have any pictures…..sorry!! My workspace is in my room. I work mainly on my desk and a low tabel and lay a white cloth on my bed so that the dust does not go on the prints.