Atmosphere is pleased to introduce the Lancashire born artist Anothony Burrill who graduated Royal College of Art, MA(RCA), graphic design course in 1991.
今回のアトモスでは、イギリスのランカシャーで生まれで、1991年にロンドンのロイヤルカレッジオブアートのグラフィックデザインコースを卒業した、アーティスト『アンソニーブリル』を紹介いたします。
anthony_08.jpg
Anthony Burrill is an independent designer and illustrator who works in a broad range of activities, including print, film and exhibitions. After studying Graphic Design at Leeds Polytechnic he completed an MA in Graphic Design at the Royal College of Art, London. Where he created his now trademark technique for direct communication.
アンソニーブリルは、インディペンデントのデザイナー / イラストレーターで、プリント、映画、エキシビジョンなど、幅広い分野の仕事を手掛けています。イギリスのリーズでグラフィックデザインを勉強した後、ロンドンのロイヤルカレッジオブアートの大学院のコースでグラフィックデザイン専攻し、卒業しました。在学をきっかけに、彼が現在手掛ける仕事の中でしばしばみられる、ダイレクトコミュニケーションのツールであるトレードマークの技術を得ました。
anthony_01.jpganthony_02.jpg
Anthony’s uncomplicated style stems from his appreciation for simplicity, which was formed in his early handcrafted photocopy books. He has designed advertising campaigns for London Underground, DIESEL, Nike, Bupa amongst others, including the cult Hans Brinker Budget Hotel campaign. He has also produced web-based projects for bands such as Kraftwerk and Air, murals for Bloomberg, Priestman Goode and recently designed the identity for Kessel Kramer’s inaugural London base – KK OUTLET.
アンソニーの複雑でない作品の手法は、彼のシンプルなものに対しての敬意の表れです。この手法は、彼が作家活動を初めてまもなくの頃に画像をコピーでプリントし、手で本を作っていた頃に編みだしています。アンソニーが今まで手掛けてきたクライアントには、ロンドンの地下鉄、DIESEL、 Nike、 Bupa などや、Hans Brinker Budget Hotel などがいます。その他にウェブを中心としたプロジェクトのプロデュースも行っています。例えば、Kraftwerk 、Airなどのミュージシャン。壁画のプロジェクトでは、Bloomberg、Priestman Goodeなどがいます。また、最近コーポレートアイデンティティーを Kessel Krameの London にしかないアウトレットの為に作成しました。その名も『KK OUTLET』。ロンドンにお寄りの際は、是非チェックして下さい。
anthony_rainbow.jpg
anthony_crowd.jpg
Anthony’s recent exhibitions include ‘The Right Kind of Wrong’ at The Biscuit Building, London in collaboration with Michael Marriott, ‘Geometry in Nature’ at Colette, Paris,‘I Like It Here’ Chiat Day, Los Angeles and ‘In a New Place’ at Kemistry Gallery, London.
アンソニーの最近のエキシビションは、ロンドンのビスケットビルでMichael Marriottとのコラボレーションで行われた”The Right Kind of Wrong”や、パリのコレットで行った“Geometry in Nature”、ロスアンジェルスのChiat Dayで行った‘I Like It Here’展、 ロンドンのKemistry Galleryで行った‘In a New Place’などがあります。
今後、ますます目が離せません。