今回、Atmosphereでは初のコレクションを発表したばかりの堀内 太郎さんのインタビューを行いました。インタビューアーは、世界各国のファッションニュースをどこよりもいち早く発信しているLondon Tokyo Styleのチーフ・エディターである滝田 雅樹氏です。
This time, Atmosphere would like to feature the fashion designer Taro Horiuchi who just released his first collection. The interviewer is Masaki Takida who is the editor in chief of London Tokyo Style which is fashion news site releasing the latest fashion news of the world.
taro_horiuchi_fashion_collection.jpg
‐今回のコンセプトを教えてください
-Could you explain the concept for this collection?

信仰と自然と時間、3つのキーワードを軸に制作しました。今回のグラフィックは、0から9の数字を手で繰り返し書いているのですが、そのように淡々と繰り返すことの集約が美しさを生む。そしてコレクションとしては、グレーという単調な色のみを使いたいと思い、そこで自分に何が出来るのかというのを試しました。
Faith, nature and time –I worked around these 3 keywords to create this collection. The graphics for this collection are numbers from 0-9, drawn by hand repeatedly, and it is this sort of straightforward repetition that brings beauty. Also, as a collection, I wanted to use Gray only and see what I could do with that.
IMG_9438.jpgIMG_9467.jpgIMG_9462.jpg
‐展示会をやってみてバイヤー、プレスからの反応はどうでしたか
-What were the reactions from buyers and the press after the trade show?

プレスの反応は良かったのですが、バイヤーには値段が高いとは言われました。クオリティとデザインの面に関しては凄く良いけれど、値段の部分は指摘されました。でもそこを曲げる気は無いですし、(値段を)落とす意味も無いのかなと思います。
The response I got from the press was good, but the buyers told me that the prices were too expensive. The quality and the design were excellent they said, but they pointed out about the price. But I don’t plan to change that and I don’t really see any point in lowering the prices either.
‐これからもそこは変える気はないということですね
– So you don’t plan to make any changes about that.

今の所はないです。そこで勝負して何とかしたい、切り開いていけたら良い、そこで勝ちたいですね。
No, not for now. I want to play the game here, to break through in this ballpark, so.
‐今回のコレクションで一番大事にした部分はどこですか
-What was the most important thing for you in this collection?

派手にしないこと。インパクト勝負にはしたくなかったというのがあったので、凄く静かな中で何かできたらと考えました。
Not to make it “loud”. I didn’t want to make a statement with impact, and wanted to make creations in a very quiet place.
IMG_9374.jpgIMG_9391.jpgIMG_9414.jpgIMG_9424.jpg
‐物凄く綺麗な物を作っているのはわかるけど派手さが無い分、着て始めてわかる部分が多かったのでモデルがいればもっと良かったのかなと感じました
-Your garments are beautiful but because of the lack of impact I thought there were many details that wouldn’t be noticed unless actually worn. Maybe it would have been better to have models?

服は着てみなくてはわからない、ある意味それで良いのかなと思います。来シーズンもキャットウォークはやりませんが、アイテムのサイドも見せられるような、着た状態で動いた物も見られるような形のビデオは作るつもりですし、インスタレーションではモデルも一人か二人は立たせたいと思います。
Clothes have to be worn in order to really “get” them, and I think that’s fine, in a way. I won’t be doing a cat walk for the next season either, but I plan to make a video so that people can see the items that I make, as well as look at the clothes in motion when worn by a person. Plus I plan to have one or two models at the installation too.
‐次も今回と同じように広いスペースで見せるという形になるのでしょうか
-So your next collection will be shown at a very spacious venue like the one you used for this collection?

ショー形式よりはインスタレーションの方が性にあっていると思います。全体的な物を見せながら空間と服と音と匂いで見せるという。
I think doing installations suits me more than doing shows, -showing my work through space, garments sound and smell to show my work as a whole.
IMG_9469.jpg
‐今回の見せ方で工夫した部分はどこですか
-What aspect did you elaborate on for this installation?

ショーでは見せられない見せ方を考えた時に、インスタレーション形式で空間で見せる。ビデオがあったり、音があったり、ユーカリの葉を踏んだ時の感覚など、空間を使ったシステムを作って何か出来ないか、全体で服のイメージを伝えたいと思いました。服自体がシンプルなので、そこにエクストラな要素や価値を生み出すということに重点を置いたときに、自分はそういった見せ方が良いのかなと感じるので。この服でショーをやるのは難しいと思いますし。理想的には、ショーもやりつつインスタレーションもやるという形が出来れば良いのですが。
To show things that you cannot in a show, through the installation space. To come up with things you can do using the system inside a space. For example, with video, sound and the sensation of stepping on Eucalyptus leaves. The garments themselves are very simple so to put weight on adding extra elements and creating extra value was I think the best way to show my work, and it would be difficult to do a show with these clothes too. Ideally, it would be best to do a show and an installation.
‐今のマーケットにおいての自分の立ち位置はどう考えていますか
-Where do you think you stand in today’s market?

今までのドメスティックからしたら若手としても、ある程度売れているブランドと比べても高いかもしれませんが、そういったブランドとクチュールとの中間なのかなと思います。その中でどういった方法を取っていくのかは難しいと思いますが。やはり見られる場所を作るというのが一番早いのかなと思いますが、そこでお店を作るのは大変ですし、ショールームのようなものが作れたらなと思うのですが。
Looking at my clothes from a domestic brand’s point of view, think my stuff is expensive for a young designer, even compared to brands that are selling well, but I think I am in between that and courtiers. It’s hard to come up with how to do things in that position, but to I think the most productive thing to do would be to show my clothes to the public. It is very hard to have your own store, but I hope to make something like a showroom.
‐シーズン毎というわけではなくですか
-You mean, not for each season?

一応シーズン毎に目安やコンセプトはあってもいいと思うのですが、販売に関しての方法は卸だけじゃないのかなとも思います。例えば、お客様が予約制でアトリエにいらっしゃって、欲しい物をオーダーして2ヶ月後に納品でもいいと思います。ある程度クオリティの高い物は、急いで欲しい物でも無かったりすると思うので、そういうところに対応出来たらなと思います。今のファッションは一発勝負というか、お店の戦略なども含め、冷静にならないうちに買わせるような、ある意味不意打ちみたいな部分があると思います。そうではないところで戦いたいと思っています。「待ってでも欲しい」と思っていただける物を作りたいですし。
It’s okay to have concept or ideas for each season, but I don’t think wholesale is the only way for selling clothes. For example, I’m thinking that a customer can come into my atelier and order something to be delivered two months later. Things of high quality can’t always be in your hands immediately. I hope to meet the needs in that way too. I think today’s fashion is too much like a one-game-match, where the stores make you buy things without giving you real time to think about it, which is probably the stores strategy. I don’t want to make my challenges in that sort of place. I want to create things that customers want even if they have to wait.
‐今回実際オーダーしてくれた層について教えてください
-Could you talk about the demographic of the customers who actually made orders this time?

2つに分かれていて、ひとつは40~50代の富裕層というか、ある程度、服にお金をかける余裕がある層、もうひとつはコンセプト自体に共感して買いたいと思っているクリエイター層です。
There were two types. One was middle age money class who spend substantial money on clothes, and the other was the creator type who liked my concepts.
‐最初から自分が狙っていた層と合致していますか
-Did they match the tier you were aiming for?

それは、どちらかといえばクリエイター層というか、コンセプトに共感してくれる方に買っていただけたらなとは思っていたのですが、必ずしもそういう層がお金を持っているわけではないので、その2つを大切に良いバランスを取っていけたら一番理想かなと思います。そして、やはり富裕層の方は良い素材を知っていると思いますし、触るだけでその価値がわかる知識をお持ちなので、重要だと思います。
It would be great to have the creator types to like your stuff and buy them but they don’t necessarily have the money, so it’s very idealistic to have the two types and carefully nurture the balance. I also think that many of the wealthy people know about real quality and good garments, and can tell the value just by feeling garments, so I think that is very important too.
‐ただそういった層(40,50代)に対しては少し線が細すぎたのかなとも感じました
-Yet, I felt that the clothes were a bit too slim for that class.

そこは重要な反省点ではあります。でも細い物だけに興味があるわけではないので、その中で次は面白い物が出来たらと思っています。大きくした中でも綺麗なライン、美しいラインを作っていけると思っています。
Yes, that is a very good point. I’m not interested in only making slim designs so I’m thinking of creating beautiful lines in larger garments.
‐今回ラインが細かったのはその細さが自分が一番美しいと感じるラインだったからですか
-Were the lines slim for this collection because that is what you felt is most beautiful?

というよりは、やりたかった世界観に近かったという感じです。でもそれが必ずしも限定されるものではありません。勿論自分のやりたい世界観には幅がありその中からチョイスしたので、そこをずらすことは可能かなと思います。機能という意味では、動きやすさというよりは通気性とかの方を考えてしまっていたので、動きやすさという部分では足りなかったと考えています。
More like that was close to what I wanted to create. Still that is not a limited thing. Obviously, there is a range to my imaginative world and that is something I chose for this time, but I think it’s possible to make a shift from there. In terms of function, I put the weight on ventilations rather than the comfort of the fit, so that is another point to fix.
IMG_9405.jpgIMG_9450.jpg
‐ファーストコレクションを終えて自分で良い物を作れたと思いますか
-You’ve finished your first collection, but how would you grade yourself?

ファーストコレクションにしては良い物を作れたのかなとは思います。でも満足することなんて絶対に無いと思いますし、今までも無いので、次はもっと良い物をやりたいなと思います。でもやりたいことは沢山あって、それを全部出来たら一番良いと思いますが。
I think I did good, considering that it was my first collection. But I don’t think I will ever be satisfied, and I never have been, so I hope to do better next time. There are so many things I want to do, so if I could do them all, that would be the best.
‐次に対する一番大きな課題はどこだと思いますか
-What do you think is the biggest challenge for your next collection?

やはり僕の弱点は、お店を知らないなどの根本的な部分だと思います。
クリエイションの部分で負けるとは思っていませんし。
I think my biggest weakness is the fact that I don’t know basic things like about stores and boutiques. I don’t think I’m loosing from a creation point of view.
‐今後の方向性を教えてください
-Could you talk about your future direction?

今回、クオリティを落とさなかったのは間違っていなかったと思うのと、
ビジネス的な視点からも色々と可能性はあるなと思ったので、今後は、新人としては新しい戦略の立て方、服の作り方が出来ればと思っています。
I don’t think I made a mistake in not bringing down the quality, and I also felt that there are many more possibilities business-wise. From now on, as a new artist, I want to make new strategies and take on new ways of creating garments.
IMG_9446.jpgIMG_9442.jpg
‐クオリティの部分とは
-What do you mean when you say “quality”?

素材だったり、縫製だったり、パターンもそうですし、一つ一つの部分をどこまでこだわるかという部分ですね。
The material, sewing quality and patterns, -the details and effort I put in each of the elements
‐それは納得のいくものだったのでしょうか
-Are you satisfied with that aspect this collection?

納得できていないなりに他のものより上という自信はあるので、その部分は更に上げていきたいと思っています。
Not satisfied but I still think it is better than the other stuff, so I want to raise that level more.
‐可能性という部分について教えてください
-Can you talk about the possibilities you mentioned?

販売経路や、方法論として今まで無い物を作っていかないといけないというところで、勿論値段の問題もあるので僕なりの方法論自体を作らないといけないと思いますし、高いなりの戦い方を考えなければいけない。お店という部分では苦戦していますが、個人という部分ではある程度付いていただけたので、そこで得られたヒントの中で方向性を定めていかなければならないと感じています。
I think that I have to come up with a new methodology, which will work with the high prices such as new selling routes. I am struggling with trying to sell my clothes to boutiques, but I am gaining personal cliental on the other hand, so I feel that I need to set my directions based on the hints I have acquired from that.
‐これからのファッションの在り方についてどう考えていますか
-What do you think that future of fashion is?

(ファッションが)どうあるべきかというのはあまり考えていなくて、多様性の時代だと思うので、結局自分が何をやりたいかで決まってくると思います。きっと、買う人も変わってくると思いますし。昔のように、雑誌の表紙に載っている物が売れるかと言ったらそうではない時代になってくると思いますし、むしろそこがダサいと思う人も増えてくると思います。そうなった時、自分の価値で選ぶ時代が来るのだと思います。だからクリエイター自身も本当に自分のやりたいことやって自分なりの見せ方、雑誌で見せるということを重要視するデザイナーもいれば、ネットで配信するデザイナーもいるし、ショーやる人もいるし、みんな方法論が違ってくるのではないでしょうか。
I don’t much think about how fashion “should” be. I feel that we are living in a time of diversity, so I think it all depends on what you want to do. Consumers will probably change too. I think that clothes on the cover of magazines will not sell like it used to, but rather more people will feel that that’s cheesy. When that time comes, that’s when people will choose what to wear based on their own values. That’s why creators will do what they want to, show it in a way they want to present it –through magazine or through the internet or maybe through doing a show-I think everyone will be different.
IMG_9378.jpg
‐次回からメンズもスタートするそうですがメンズをやろうと思ったのはなぜですか
-You are starting a new Men’s line from next season. Why is that?

単純に要望があるのと、やってみたいと思うからなのですが、着たい服が無い、欲しい服がない、自分自身が着たいエリアの服が無いのも理由のひとつです。何か、自分が提供出来る物があるのではないかと思います。
Simply because there was demand for it, but another reason is because there are no clothes that I want to wear, that I want to buy for myself. I think there’s something I can provide in that way.
‐レディースは自分にとってリアルではないものですがメンズはリアルなものになるのですか
-Ladies garments are not real for you but will Men’s clothes be real to you?

ディテール的には自分が好きなものになっていくと思いますが、サイズ感は自分に合わせたら他の人に合わないので、そこは考えているところです。
Detail-wise, it will probably be what I like, but size-wise it would have to fit other people so I have to think about that.
‐どのような男性像になるのですか
-What sort of a male figure would it be?

レディースと同じですね。理知的な人。今回もこのアイテムでメンズないのかという方もいらしたので、そう言っていただけるならやりたいと思いますし、メンズ自体好きなので。今回、バイヤーの方がおっしゃっていたのは「メンズライクなディテールや、思想だからメンズの方が受け入れられるんじゃない?」と。男性はコートなどでも、もっと値段を出してもいいから、一過性の物ではなくて、長く着られる物を買いたがったりするじゃないですか。そういう意味で、価値として合致するのかなと思います。レディースも、サイズによってメンズが着られるようにするものもありますし、全体的に共通したアイテムが着られるようにはなるのかなと思っています。ユニセックスというわけではないですが、自分もレディースの服買ったりしますし、女性でも大きいサイズが好きな方もいると思うので。
Same as the ladies line, -intellectual. There were people who asked me if there weren’t any Men’s version in this collection, and that makes me want to do it since I actually like doing Men’s. Buyers also told me that “since there are Men’s-like detail and concept, it may be more popular to Men.” Men tend to pay a higher prices for items like coats that is not trendy but can be worn for a long time, don’t you think? So in that way, I think my prices will meet the needs. I plan to have garments in the Ladies collection that can be worn by Men in a larger size, and there will be items that can be worn by both men and woman throughout the collection. It will not be “unisexual” per-say, but I sometimes buy Ladies clothes and some woman like larger sizes too, so.
IMG_9477.jpgIMG_9367.jpgIMG_9460.jpg
‐アクセサリーはどちらかといえばユニセックスですよね
-Your accessories to seem more like unisexual.

そうですね。ジュエリーは今後増やせればと思っています。
ジュエリーには可能性があるというか、ファッションデザイナーがジュエリーをやることがあまりないと思うので、面白いと思います。
Yes. I plan to put out more jewelry in the future.
There are lots of possibilities in jewelry, and I don’t think many fashion designers do jewelry, so it is sort of fun for me.
‐メンズライクなジュエリーは作らないのですか
-Are you going to make Men’s like jewelry?

ジュエリーも自分自身付けたいと思う物が無いのでシンプルで欲しいと思える物を考えています。
There isn’t any jewelry that I want to wear either, so I’m thinking of simple jewelry that I want to wear myeself.
Translation: Amy
Photo by London Tokyo Style
+++F+O+R++++M+O+R+E++++I+N+F+O+R+M+A+T+I+O+N++++++++++++++++++++
London Tokyo Style : URL http://blog.londontokyostyle.com/
Taro horiuchi: URL http://www.tarohoriuchi.com/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++